スポンサーリンク

2022年版スタイル抜群の男役10名

宝塚歌劇を楽しもう

ムラでの公演は終了し、宝塚の街はどこかひっそりとしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今年もタカスぺは開催されず、通常通りの日常まではあと一歩といったところですね。

さて、本日はスタイルの良い男役さんを各組から集めてみました。

ぜひ自分の身長と比べながらご覧ください!

スポンサーリンク

花組:希波らいと(178cm)

組内はもちろん、劇団内でもかなりの高身長の希波さん。

初めてしっかり拝見したのは「花より男子」の西門総二郎役だったんですが、手足が長いのはもちろん、お顔も本当に小さくてどんな衣装でも着こなしてしまうんですね…!すごい!

西門さんは着物スタイルが基本で、「はいからさんが通る」の関東すみれ組も着物スタイル、「元禄バロックロック」新人公演でも派手な着物を着こなしていて素晴らしかったです。

ジャケットスタイルからラフなTシャツまでさらって似合っているのが大変羨ましいです。

花組:柚香光(171cm)

柚香さんは、特別高身長!というわけではないのですが、バレエ譲りのしなやかな手足にきゅっと小さな頭で身長以上にスタイルが良く見える気がします。

どのダンスもさらりと踊ってしまう柚香さんですが、やはりバレエを基軸にした振付の時はより美しく…。

またファッションブランド「JOSEPH」のプロモーション映像などでもそのスタイルを活かしまくっているので、ファンではない方にもぜひとも見てもらいたいです。

雪組:彩風咲奈(173cm)

彩風さんは身体の半分以上が脚なのでは、、と思ってしまうほどスタイルが良いですよね…!

ヒールのない靴でも変わらぬスタイルに遺伝子の強さを感じます。

彩風さんはファッションセンスも抜群で、いつも自分のスタイルの良さを活かした服装をされているなあという印象です。

雪組:星加梨杏(175cm)

実は組内で一番高身長の星加さん。

脚が長いことはもちろんのこと、無駄のない真っ直ぐでほっそりした脚をお持ちで、ボディラインが出る衣装の時は特にスタイルの良さが際立っています。

最近大人の色気もじわじわと出てきていて、個人的最注目の生徒さんでもあります…!

月組:鳳月杏(172cm)

「スタイルの良いジェンヌ」と聞いてほとんどの方が思い浮かぶであろう鳳月さん。

視覚的には180cmくらいあるイメージだったんですが、意外にも172cmだったんですね。

この方も本当に脚が長く、どの衣装を着てもキマるのがとっても羨ましいです。

私服でも脚が長い人しか似合わないであろうぴったりとしたパンツをお召しになっているイメージです。

月組:礼華はる(178cm)

バウ主演が決まり、ノリにノッている礼華さん。

身長178cmという男役になるべくして生まれてきたような方です…!

どのポジションにいようとも、視線に飛び込んでくる圧倒的存在感。

上級生の退団が発表された月組で、これからグングンと成長していくこと間違いなしですね。

星組:極美慎(175cm)

とにかく小顔!な極美さん。

小顔さんが揃う宝塚でも、ひと際小さいのではないでしょうか。

塩顔にほっそりとした長身がまさに中性的な魅力を放っていて、若いファンからの人気も高そうです。

空手で鍛えられた美しいスタイルは唯一無二ですね。

星組:綺城ひか理(176cm)

個人的には凄く高身長!といったイメージはなかったのですが、176cmと想像以上に高身長でした…!

色白のお肌にすっきりとしたお顔立ち、そしてすらりと伸びた手足で、女性でも男性でも憧れる完璧なスタイルの持ち主ですよね。

ギラギラした衣装や派手な衣装も難なく着こなし、逆にノーブルな衣装もスッキリ着こなしていていつも惚れ惚れとしてしまいます。

宙組:風色日向(175cm)

高身長と、ほどよい筋肉で男役の魅力が増し増しの風色さん。

スッと伸びた背筋も印象的で、更にスタイルの良さを際立たせています。

高身長揃いの宙組の中でもオーラを放っておられますよね。

個人的にはロングコートやロング丈のシャツなど、高身長だからこそ着こなせる衣装が凄くお似合いだなあと感じました。

宙組:鷹翔千空(175cm)

風色さんと比べると骨っぽく、スタイリッシュなスタイルが魅力の鷹翔さん。

ザ・男性的な衣装もお似合いで、私服もかなりメンズ寄りなイメージです。

スタイルが良いからこそモノトーンがとっても映えていて、シンプルなものでもビシッとキマるスタイルをお持ちだなと思います。

各組からスタイルの良い男役さんをご紹介してみました!

何度生まれ変わっても自分は決してなれないだろう素晴らしいスタイルに、いつも惚れ惚れとしてしまいます。

これからも客席で、その手足の長さに圧倒され続けることでしょう。

それでは次回の記事でお会いしましょう。