憧花ゆりの・退団公演の挨拶全文

宝塚歌劇を楽しもう

宝塚歌劇団月組の組長 憧月ゆりのさんが2018年11月18日のエリザベートの千秋楽公演を持って退団されました。

夢を持ち、挑戦し、入団という夢を実現し、さらにその夢を持ち続け、お客様に夢を与え続けてきた方達の言葉は本当に貴重で、いろいろな人たちの心に響きます。

宝塚を退団される方の挨拶をずっと記録して残しておきたいと思いました。

【憧花ゆりの・退団公演の挨拶】

この東京宝塚劇場の舞台に初めて立ちましたのは、この劇場のこけら落とし公演でございます。
当時のトップスターさんは真琴つばささんでございました。
その公演は真琴つばささんの退団公演で、まみさんが最後のご挨拶でこうおっしゃいました。今日の反省が明日への希望になる。そのお言葉が私の心に深く残り、今日、この日までやってこられたと思います。

どんな時代であってもタカラジェンヌはいつも夢を描き、走り続けて。

宝塚には宝塚を愛するたくさんの人が集まってきます。

小林一三先生がいだかれた「清く、正しく、美しく」という理想が104年もの長い間人の心に何かを残し続けて
その創造力の無限の可能性を感じます。

私も自分の夢を追い続けました。
そこに手が届く瞬間を見ました。

導いてくださいました多くの皆様に感謝の気持ちでいっぱいでございます。

これからは一人で歩いていかねばなりません。

でも、それでも明日への希望を信じて前を向いてまっすぐに歩いていきたいと思います。

皆様19年間、本当にありがとうございました。

2018年11月18日 東京宝塚劇場月組公演エリザベートにて

退団の挨拶は夢を叶えたい人の心に響きます。
これから宝塚を目指す人にも届きますように。

憧花ゆりの宝塚最後の作品となったエリザベートDVD

 

同日退団された愛希れいかさんの退団の挨拶

愛希れいか・退団の挨拶全文
宝塚歌劇団月組の娘役トップの愛希れいかが2018年11月18日のエリザベートの千秋楽公演を持って退団されました。 夢を持ち、挑戦し、入団という夢を実現し、さらにその夢を持ち続け、お客様に夢を与え続けてきた方達の言葉は本当に貴重...

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート