スポンサーリンク

宝塚歌劇グッズで楽しむヅカオタ生活

宝塚歌劇を楽しもう

ヅカファンには、もうおなじみの『宝塚歌劇公式グッズショップのキャトルレーヴ』をご存知ですか?。
関西では、宝塚大劇場の中に1店舗、そして梅田駅の阪急グランドビル29階に1店舗
関東では東京宝塚劇場内に1店舗、そして日比谷シャンテ地下1階に1店舗。
そして、福岡にも天神駅に1店舗、合計5店舗があります。

そして、店舗まで足を運べないヅカファンの強い味方オンラインショップもあります。

グッズ|宝塚歌劇をグッズで楽しむ|キャトルレーヴ オンライン
キャトルレーヴオフィシャルサイトでは、キャトルレーヴで発売している宝塚歌劇のオリジナルグッズや、全国のキャトルレーヴ店舗の情報をお届けいたします。宝塚歌劇をグッズで楽しむ、宝塚クリエイティブアーツ公式ショッピングサイト。

キャトルレーブでお買い物をすると必ずすみれ色の袋にいれてくれるので、街を歩いていても、宝塚を愛する同志が判別できるというぐらいみなさんお世話になっていると思います。

舞台写真やブロマイド、あるいはDVDやブルーレイなどの映像を買いに行くのに利用することが多いのではないかと思いますが、キャトルレーヴに売っている商品はそのほかにも色々あります。

今回は、写真や書籍、映像のほかにもたくさんあるユニークな宝塚公式グッズについて特集します。

スポンサーリンク

スターふせん

連休中に発売された、比較的新しいグッズです。

各組のトップスターと二番手のバージョンがあり、スターさんの写真から出ているフキダシに字を書けるようになっています。

文房具店でたまに見る「イケメンふせん(空白のフキダシで様々なイケメンキャラクターがセリフを言っているようなデザインのふせん)」の宝塚版のような感じです。

スターさんのフキダシに日常的なメモ書きをしてしまうのはなんだか畏れ多い気もしますが、目にとまるのでリマインダーとしての効果が高いかもしれませんね。

絶対に忘れないようにしたい用事を書いておけば、ふせんのほうをついつい見るのでうっかりが減るかも。

もしくは、せっかくフキダシなので「お疲れ様」や「今日もがんばれ」など自分を鼓舞するようなセリフを書いてもジェンヌさんに応援されているような気持ちになってやる気がでるかもしれません(笑)

まあ、書くのは自分なのですが……

写真のチョイスもいい感じですね。

美弥るりかさんバージョンのふせんがスイートハートの時の写真なのがいいですね!

スイートハート様に色々言ってもらいたいです。

刺繍ポーチ

各大劇場公演のメインキャラクターが刺繍された可愛らしいデザインのポーチです。

これまでに『霧深きエルベのほとり』『CASANOVA』『夢現無双』『オーシャンズ11』のバージョンが発売されています。

既に売り切れになってしまったものも多いです。

ポーチの内側の色も鮮やかで、凝ったラブリーなデザインがかわいい!

A席チケットと同じぐらいのお値段がするのでかわいいなあと思って眺めながらもちょっとためらってしまいますが、お金があったら欲しいアイテムです。

ECONECOグッズ

イラストレーター、絵子猫さんが手がけるグッズ。

昨年から販売されており、ミラーやバッグ、ポーチ、シールなど様々な商品が展開されています。

ドレスアップしてシャンシャンを持った猫やウサギなどの動物キャラクターが並んだゴージャスなデザインのものから、すみれの花や各組モチーフが描かれた大人でも使いやすい比較的落ち着いたデザインのものまであります。

一度見たらそれとわかる独特の世界観が魅力的です。

パステルカラーの乙女チックなデザイン、ふわふわしたメルヘンな雰囲気がツボ!というヅカファンの方も多いのではないでしょうか?

私も普段キャトルレーヴでは舞台写真コーナーにばかり目がいってしまいますが、このグッズはかわいいなあと思って毎回気になってしまいます。

お手紙メモ

スターふせんと同時期に発売された比較的新しいグッズ。

男役の黒燕尾の柄と宝塚大劇場の柄、二種類が発売されています。

折り紙のようになっていて、お手紙を書いたあとに折りたたむと黒燕尾/大劇場になるという仕組み。

小さい頃にこういうメモで遊んだなと少し懐かしくなりますね。

番外編:ねんどろいど 紅ゆずる

受注生産商品でもう受付は終了しているのですが、発売時衝撃を受けたので書きます

ねんどろいどは二頭身にかわいらしくデフォルメされたフィギュアシリーズです。

アニメファンの間ではかなり有名で、いろいろなアニメの様々なキャラクターがねんどろいど化されています。

そこに宝塚から我らが紅ゆずるがねんどろいど化された時の衝撃!

まさに異色のコラボですが、デフォルメされた『Killer Rouge』での紅さんの笑顔がチャーミングだったのでこれは中々良いぞと思いました。

可動フィギュアで手足を動かして好きなポーズを作れるほか、複数の表情パーツが付いているのでショーでの好きなシーンを再現して遊べます。

これ、とってもかわいいのでまた他の生徒さんのバージョンも作ってほしいです!

ところで紅さんといえば、トップスター監修の「紅」の一文字が入ったグッズがとても気になります。

一見して宝塚グッズとわからないデザインが多い中、私はベニのファンです!という熱い想いを込められる勢いのあるデザインで好きです。

以上、ユニークな宝塚グッズをご紹介しました。

かく言う自分も日頃はキャトルレーヴに入るなり贔屓組の舞台写真売り場にまっすぐ向かってしまうのが常なのですが、早く劇場に着いた時にはお写真以外のグッズをゆっくり眺めてみるのも楽しいかもしれませんね。

もっとも、チケットを買うお金はちゃんと残しておかなくてはいけませんが(笑)

ライター:ミナミ