スポンサーリンク

宙組トップ真風涼帆、全国ツアーで熊本に凱旋!①『追憶のバルセロナ』観劇レポ

宝塚歌劇を楽しもう

現在公演中の宙組全国ツアー『追憶のバルセロナ』、熊本公演を観劇してきました♡

場所は市民会館シアーズホーム夢ホール[熊本市民会館]

熊本

凱旋公演である熊本は、真風 涼帆さんの出身地です。

おかえりなさいの気持ちも溢れる会場、幸せな空間でした!

さてさて、そんな観劇レポートをどうぞ!

スポンサーリンク

追憶のバルセロナ 内容

19世紀、フランスがスペインに宣戦布告をする。その知らせを聞いたスペインのフランシスコ(真風 涼帆)は祖国を守るため、婚約者のセシリア(華妃 まいあ)に別れを告げ、戦場に向かうが重傷を負ってしまう。

そこをロベルト(桜木みなと)に助けられ、ロマの妹、イサベル(星風 まどか)の看病によって昏睡状態から目覚めるが、記憶をなくしてしまう…。

ロマの暮らしに馴染んでいったフランシスコは、ある日、フランス軍に絡まれた女性を助けるために刀を手にとって闘う。それをきっかけに記憶が戻り始める。

一方、フランシスコの親友アントニオ(芹香 斗亜)は、フランシスコが行方不明になってから、彼の許嫁であったセシリアに心を寄せるようになり、結婚をする。

イサベルはフランシスコに気持ちを寄せるが、記憶が戻りバルセロナに戻ると言う彼を寂しく思う。

バルセロナに戻りフランシスコはセシリアと再会するが、すでにアントニオの妻となっており…

フランシスコはスペインがフランスに占領されている事実を知り、スペイン国民をフランスから守るために占領軍に立ち向かう決意をし、ロベルト達と共に”黒い旋風”となりフランス軍を襲い始める。

『追憶のバルセロナ』に一言

観劇して感じたことを1つ。

私が今までに観劇した中で、知っている中でトップに入るくらいの男役のかっこよさが引き出された作品!!

と思いました!!

宙組さんは男臭い(いい意味で)男役さんだと思いますが、リアル男子にされてキュンとくるところと、男役のかっこよさがいい感じでマッチしてて、キザ過ぎず、キュンとくるなんて素晴らしい!

と言うのが、この作品の印象です♡

みんなが幸せになる作品でもあります!

ポイントをおさらいしましょう!

バルセロナの大通り、カーニバル

フランシスコ、アントニオ、セシリア、戦争が始まる直前、でも1番幸せそうで平和な瞬間ですね。

お酒を交わし、みんなで踊り、楽しんでるところにフランスが宣戦布告したと知らせが届く。スペインの将来のために働くことをアントニオとフランシスコは固く誓い合い、セシリアに必ず帰り結婚しよう、と愛を確かめ合う…。

硬い友情と大きな愛で、全て上手く行くのではないか、と感じるような場面です。

芹香 斗亜さんと真風涼帆さんは普段から仲が良く、その絆が友情として役に出ているなと感じれましたね。

華妃まいあさんはこの公演で退団されることもあり、とても虚しく、行ってしまう恋人に想いを馳せる姿がとても美しかったです!

ロマのキャンプ場

重傷を負ったフランシスコをロベルトが助け、自分たちのキャンプ場で看病を行なっていた。

ここでフランシスコは目を覚ましますが、イサベルに、「み…み…みずッッ…」とフランシスコが言い、「ミミズが欲しいの?!」と言うイサベル。

可愛すぎます!!

そんなわけないでしょって思うんですけど、目覚めてくれた嬉しさと、やっと喋ったと言う驚きと、何が欲しいの?!と思う気持ちがあるんでしょうね。(笑)

星風まどかちゃんのおてんばさが発揮されてました!

そして、水を渡すのですが、フランシスコはまだ自分で飲むことができず、ロベルト達が見てる中で、躊躇せず、口移しで水を飲ませてあげます。

さらっと、お水のようにさらっと口移しをするから、仲間みんな気まずそうにしてるじゃないか!!

愛おしすぎる…

イサベルのフランシスコへの愛がもう育まれてる証拠ですよね。

観劇してる側からすれば、美しすぎて言葉を失うのですが、あまりにも周りの気まずそうな雰囲気が面白くてクスッと笑ってしまう場面でもありました(笑)

フランシスコ、記憶を戻す

フランス軍に絡まれたロマの女性を守るためにロマの男たちが戦います。

フランシスコも剣をとり、戦うのですが、それをきっかけに記憶を取り戻します。

そのフランシスコが戦ってるときの、後ろにいるロベルト!

彼も戦っていますが、椅子に乗ってそこから飛び降りながらの飛び蹴りをかまします。

なんてカッコ良いのだ!

あのずんちゃんの細くてしなやかな身体が宙に舞い、飛び蹴りを決めます。

そこに心臓がギュンとやられました♡

他にも思いっきり蹴ったり、殴ったりしてるんですが、いや、桜木みなと(ずんちゃん)に目が行きます!ほんとに!!

いつのまにこんな男臭いカッコいい男役になったのだ…(泣)

結ばれる絆

物語の最後になりますが、スペインを守るために、身を潜め、心の中に闘志を燃やし続け、その”瞬間”が来るまで生きていくことを仲間と誓い合います。

一度はフランス派についたロベルト。しかし彼がフランス軍についたわけもスペインを守るためだったと知ったフランシスコは、黒い旋風の一員としてロベルトを迎え入れ、自分たちの仲間だと改めて絆を深めます。

友情の清らかさを見にしみて感じました!

そして、ロベルトにずっと気持ちを寄せてるアンジェリカ(遥羽らら)は、片想いであることを理解しながらもずっとロベルトに気持ちを寄せることを心に決めてます。そして叶わないだろうとも思っていたそのとき…!

アンジェリカが持っていた大きな荷物を、何も言わずに代わりに持ち、

行くぞ

と言うロベルト!

よかったぁぁぁ♡と!思う場面!!

アンジェリカのロベルトをずっと思い続けてきた大きな愛、ロベルトもその気持ちには気づいているのですが、なかなか向いてはくれず…。

やっと結ばれるのか…

よかったですほんとに!!このときの遥羽ららちゃんの笑顔がたまりません♡

そしてそして、フランシスコとイサベル。

イサベルは、フランシスコには過去に許嫁がいて、今も引きずっていることを知りながらも想いを寄せていました。

いつも辛いとき、どんなときでもそばにいて支えてくれているイサベルにフランシスコも気持ちを引かれ、ようやく最後になくてはならない存在として深い絆で結ばれる2人。

やっとイサベルの思いが届いて、フランシスコも幸せになれる…

このときのまどかちゃんと真風さんの幸せそうな笑顔。笑顔というよりも微笑みに近いですね。私たちまで幸せになれました♡

感想

熊本公演ということもあり、真風涼帆さんが登場するときの拍手はとても大きかったです。

そして、会場全体が優しい雰囲気で囲まれていて、ミュージカルの内容もですが、みんなが幸せになれるような空間でした♡

全国ツアーに行けなかった方、まだ観たりないという方、10月にDVDが発売されるので、是非購入してみてください!!

私も、既に申し込み済みです^_^

続きの2幕『NICE GUY!!』の観劇レポはこちらから

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ