スポンサーリンク

雪組千秋楽LV見てきたレポ・節分なので

宝塚歌劇を楽しもう

本日雪組、宝塚大劇場の千秋楽。ライブビューイングですが、観劇してきました〜!

雪組望海風斗さんのライブビューイングはとってもおすすめ。

だって、望海風斗さん、ちょっとした表情の小さな変化がとてもうまくて、視線の小さな動きなども見逃せない。そんな時は、やっぱり顔がド・アップになるライブビューイングですよ。

歌はそりゃ、もちろん生が一番いいです。

今回は少年時代から大人までを一人の役者が演じるので、その小さな違いも見逃さず・・・・

ダイモンの少年時代は、星逢一夜の源の役のときから大好物。

キャスト別の感想は、以前のレポで。

薔薇の花でいっぱいにしたホテルの一室にデボラを連れて行くヌードルス。

まるで、去年のファントムの「僕の領地」にクリスティーヌをつれいていったエリックの様だった。

あんたのプレゼント、豪華すぎて重すぎるねん!!!っと心の中でツッコミ・・。

そして、こっぴどく振られてしまい・・・・絶望の歌へと・・・

だよね! 演出家小池修一郎は、やはり、望海風斗には、絶望に満ちた感情であの歌を歌わせたかったんだよね・・・と思う。

スポンサーリンク

千秋楽の挨拶は・・・

退団者の挨拶が終わり、望海風斗さん、何も考えていなかった・・・・と(汗)

そうですよね。多分、ヌードルスになりきり、ガッツリ演じてきていて、そんなすぐには「望海風斗」には戻れないでしょう。

望海風斗さんの挨拶、よく覚えていないけれど、いつも「自由」な感じがして、それも又好き。

自由なのに、最後はしっかりまとまって、そして笑いまで取って。さすが。

初日の「わんす、あっぽ〜〜〜〜〜ん」で始まった今回の公演。

最後は、今日は節分ということで、「鬼はあぽ〜ん!福はインアメリカ〜〜〜〜!」で、閉まりました。

お後がよろしいようで・・・・。しかし、いつ、こんなこと、考えているんだろう・・・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう 観劇レポ
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ