スポンサーリンク

順当な人事がうれしい月組次期トップコンビ

宝塚歌劇についての雑記

宝塚歌劇団月組時期トップコンビが決定して半月余り・・・時々思い出してはなんだかうれしさがこみ上げてにやりとしている私です。

お披露目公演、楽しみです。

スポンサーリンク

様々な予想がされていた月組トップ人事

思えば現トップスター珠城りょうさんの退団発表が通常より早かったうえに、コロナ禍の影響で公演が半年ほど遅くなったこともあって、次期トップスターの発表がないまま時は流れて、珠城さんの退団発表から1年以上も経過していました。

なかなか発表がないために、どうなるのかとファンの中では様々な予想がされていました。

トップスターは月城かなとさん予想が多かったのですが、2番手が長く続いている宙組芹香斗亜さんが月組へ落下傘かという噂もありました。

キキちゃん(芹香斗亜さん)早くトップにしてあげてください!という思いは私も強いです。

でもさすがに星→花→宙→月はどうなのか、キキちゃんごめんもうちょっとだけ待ってね、という気持ちでした。

娘役トップについては、月組だけでなくいろいろな組から予想候補者が何人も挙げられて予想は混沌としていました。

うみちゃんは、候補者の中ではヒロイン経験が多く、新鮮さがないとか、ここまでトップになれなかったということはこの先もないのでは・・・とか、うみちゃんはないという予想が多かったです。

私の願いは、海乃美月さん。

れいこさん(月城かなとさん)との相性がとてもいいし、ずっと頑張ってきたうみちゃん(海乃美月さん)が今度こそ報われてほしいと思いました。

どうか「れいうみ」コンビが実現しますように!と祈っていました。

そうは思っても、月組です。

これまでのことを思うと、月組人事は何が起こるかわかりません。

思い出してみても、私が知る限りでは天海さんの大抜擢あたりから、びっくりな人事が多い月組。

最近10年だけでも「龍真咲さんがトップに就任時に明日海りおさんを準トップと位置づけてこの二人で主役を役替わりにした」
「明日海さんが花組へ異動後2番手をはっきりさせない時期が続いた」
「次々と上級生スターが専科へ異動」
「研9の珠城さんがトップに大抜擢」など
驚くような人事が続いていました。

娘役トップだった愛希れいかさんが退団後の娘役トップには、2番手娘役だったうみちゃんではなく美園さくらさんが選ばれた時はとても残念な気持ちでした。

さくらさんが嫌ということではありません。

ただただ残念という気持ちです。

美弥るりかさんが2番手で退団されたことも未だに私の心にしこりとなって残っています。

そんな月組ですから、びっくりするような人事があるのではないか!と皆から思われていました。

順当な人事がこんなにもうれしいものだったとは!

そして、4月6日に待ちに待っていた月組時期トップコンビが発表されました。

「この度、月組 次期トップスターに月城かなと、次期トップ娘役に海乃美月が決定しましたのでお知らせいたします。」

やった~~~~~うれしい~~~~~

何度も、よかった~~~と独り言をいってました。

「月組なのに、順当な人事でびっくりした」という方が多くいらっしゃいましたが、私にしたら「順当な人事がこんなにもうれしいものなんだ!」という気持ちです。

多くの方が「よかった、おめでとう」とつぶやいて、こんなにみんなから暖かく受け入れられた月組の人事が最近あったでしょうか?

うれしいからぜひ観劇に行きたいと思うものです。

今後もどうか話題作りみたいな人事ではなく、ファンみんなが納得して喜べる人事にしてもらいたいと願っています。

プレお披露目は「川霧の橋」

「れいうみ」プレお披露目公演は「川霧の橋」だそうです。

れいこさんにぴったりな日本物。

早速録画してあった「川霧の橋」を観ました。

かなり難しい複雑なストーリーでした。

剣幸さんとこだま愛さんのサヨナラ公演だそうで、サヨナラ公演の演目をお披露目公演にするのはどうなんですか?という疑問もありつつ、「れいうみ」なら期待できますね。

剣さんはうみちゃんと同じ富山県出身の大先輩、喜んでアドバイスしてくださりそう。

博多座は遠すぎるから、ライブ配信で観劇したいと思います。

そして、大劇場お披露目公演はどんな演目になるでしょう?

大人な二人にぴったりな素敵なお芝居をぜひ見たいです。

その頃には、安心して観劇に行けるような世の中になっていますように。