スポンサーリンク

凛城きらさんの専科異動について

宝塚歌劇についての雑記

宝塚歌劇団宙組の人事が5月11日に発表されました。

遥羽ららさんの退団はもちろんショックでしたが、凛城きらさんの専科への移動は大きな驚きでした。

先日専科への移動が発表された紫門ゆりやさん、輝月ゆうまさんに続いて、凛城きらさんの発表で、専科の若返りが一気に行われることになります。

お三方とも、まだまだ若いイケメン役が似合う生徒さんです。

それでいてイケてるおじさま役も出来る、バイプレイヤーとしての力量も備えていらっしゃいます。

こんなにかっこいい方ばかり揃えて、イケメン専科でも作るつもりなのでしょうか。

今回は凛城きらさんを中心に、専科についてあれこれ書いてみたいと思います。

多少の妄想が含まれますので、ご理解のある方だけお読みください。
最後までお付き合いいただければ幸いです。

スポンサーリンク

ちょっと不思議だった最近の専科異動

最近専科にいた若い生徒さんというと、愛月ひかるさん、星風まどかさん、星蘭ひとみさんの名前が思い浮かびます。

あの時の人事は不思議だな、と思われた方が多いのではないでしょうか。

愛月さんは専科に異動後、星組に特出され、そのまま星組に異動でした。

映像専科というちょっと不思議な立ち位置だった星蘭ひとみさんも、専科在籍は短く退団されましたね。

星風さんは現在専科ですが、半年も在籍せずに花組トップ娘役に就任することが発表されています。

けれど凛城さんを始めとしたお三方は、長く専科に在籍していただけるのかな、と勝手に考えています。

スター専科の時代も

イケメン揃いの専科というと、かつての新専科、いわゆるスター専科が思い出されます。
各組からスターさんが集められたのですが、そのメンバーは。

・匠ひびきさん、伊織直加(伊央里直加)さん (花組)
・紫吹淳さん、初風緑さん (月組)
・香寿たつきさん、汐風幸(片岡サチ)さん、成瀬こうきさん (雪組)
・絵麻緒ゆう(えまおゆう)さん、彩輝直(彩輝なお)さん (星組)
・湖月わたるさん、樹里咲穂さん (宙組)

そうそうたるメンバーですね。

この中の6人がトップスターさんになられました。

凪七瑠海さんらもスター専科に含める考え方もありますが、今回は上記の方の在籍した時期について、お話させていただきます。

スター専科とは何だったのか。
やはりこの時期はトップとなるべきスターさんが多すぎたのだと、個人的には思っています。

77期は安蘭けいさん、春野寿美礼さん、朝海ひかるさんがトップスターに、そして花總まりさんがトップ娘役になりました。

その下の78期は瀬名じゅんさん、貴城けいさん、大空祐飛(大空ゆうひ)さんがトップスターに、そして檀れいさんが娘役トップに就任しました。

二期続けて三人のトップさんを排出することは、なかなかないように思います。例年は大体、一人か二人ではないかな、と感じます。

特に77期のスターの多さは早くから話題で、人事の調整弁としてスター専科が作られたのではないかと、まことしやかに噂されていました。

この状況、今の専科に似ているな、と感じました。

華の95期の、スターさんの渋滞です。

ただしスター専科さんの時代は、男役として円熟されてからトップスターに就任される方も多く、専科に行ってから、返り咲く可能性が大いにありました。

今は95期を中心に若手トップを揃えようとしているようです。

同じくスター候補揃いと言われ、すべての組のトップを同期が務めた71期の再来を目指しているのかな、とも感じます。

紫門ゆりやさん、輝月ゆうまさん、凛城きらさんがトップとして戻られる可能性は、あまりないように思えます。

若いトップさんを専科からの特出で支えるという、大切な役割を任されたのではないでしょうか?

シリアスからコメディまでばっちりの、紫門さん。

下級生時代から実力抜群の輝月さん。

芝居心に溢れ、どんな役にも説得力を与える凛城さん。

どなたもきっとお忙しく、八面六臂の活躍を見せてくれるはずです。

どの組に特出しても、舞台をしっかりと支えてくださることでしょう。

お三方が専科として、長く宝塚の舞台にいてくださるなら、とても嬉しいです。

スター専科さんに話を戻しますと、最後までスター専科で活躍してくださったのは、樹里咲穂さん、初風緑さんです。

お二方とも各組に特出されて、ファンの記憶に残る役を多く残されました。

私の友人に樹里さんの熱烈なファンがいます。

樹里さんが退団されるときに「トップにはなれなかったけど、男役の樹里さんをたくさん見られて嬉しかった。こんなパターンの幸せもあるんだね」と言っていました。

お二人とも、専科時代は舞台の公演回数があまりに多すぎて、こちらも心配になってしまったほどです。

トップにはなって欲しいけれど、トップになった途端に終わりが見えてしまう。
出来る限り長く、宝塚でのお姿を拝見したい。
でも無理はしすぎないで欲しい。
ファン心理とは難しいものです。

専科への移動が発表されたお三方が、ますます舞台で輝いてくださることを、願うばかりです。

特に凛城さんは、老若男女自在にこなす素晴らしい才能の持ち主です。

なんとなく、英真なおきさんを彷彿とさせます。

英真さんがホストの番組に、凛城さんがゲスト出演したこともありましたね。

専科でのご活躍が楽しみです。

凛城きらさん宙組最後のお役

宙組最後のお役、マイクロフト・ホームズは、シャーロック・ホームズをも凌ぐ頭脳と推理力の持ち主です。

シャーロック・ホームズ曰く、「英国政府そのもの」とのこと。
かなりの変わり者ですが、弟思いの優しい兄でもあります。
二人は互いに尊敬し、思い合う仲です。
最後にこの役を配するとは「宝塚が泣かせに来た」と、まだ舞台の幕も開いていないのに、うるっと来てしまいました。

『「シャーロック・ホームズ-The Game Is Afoot!-」~サー・アーサー・コナン・ドイルの著したキャラクターに拠る~』での、凛城きらさんのご活躍を楽しみにしようと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。