真彩希帆「ラ・カンパネラ」楽器と音域が一緒?

宝塚歌劇を楽しもう

宝塚歌劇団の現在の雪組公演「壬生義士伝」ですが、第二部のショー「Music Revolution」の「ラ・カンパネラ」の見所を、スカイステージ「Stage side Watch」で紹介されていた中でちょっとびっくりなお話が。

出演は、雪組
愛すみれ(スカイレポーターズ)
久城あす
煌羽レオ
妃華ゆきの

「Music Revolution」の中で歌われている「ラ・カンパネラ」

ラテン調の大人っぽい曲調にアレンジされています。

先生がこの曲をアレンジされた時にメロディーの音域部分、楽器の音域を人の声でアレンジするのは、無理だということで、最初音域を下げてアレンジされたそうです。

しかし、、真彩希帆さん、
お稽古中に原曲の音域をそのまま歌ってみたら、原曲の方が歌いやすいということで、広いままの音域を採用しているそうです。

楽器と同じ振り幅を軽々歌っている真彩希帆さん。ほんと、すごいですね。

「音楽」の持つ美しさと素晴らしさをこんなにダイナミックに伝えられる豊かな表現力を持つ望海風斗と真彩希帆の歌声。

壬生義士伝で泣いたあとは、ショーでまたまた、大興奮。

宝塚歌劇の公式ホームページでも、雪組のショーの魅力の特別ページができているので、やっぱり劇団側としても、雪組のショーは、たくさんにお客様に知ってほしいというおすすめの中のおすすめなのです。

雪組レヴュー・ショーの魅力 | 雪組公演 『壬生義士伝』『Music Revolution!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
雪組公演 『壬生義士伝』『Music Revolution!』の雪組レヴュー・ショーの魅力をご紹介します。

それにしても今の雪組は

トップコンピはずば抜けた歌唱力
2番手はずば抜けたスタイル
3番手はずば抜けた顔の良さ

・・・・が、わかりやすいおすすめポイントなのですが、
実際に観劇して、「それだけ」じゃないことに気づいて沼に落ちるはずなのだ。

まさにFNSのテレビ出演はこのポイントをしっかり魅せることができた番組構成で
早速劇場に足を運んで今回の雪組公演を観て、新規のファンの心をぎゅっと掴んでしまう。
今になってつくづく劇団の戦略、すごいな〜と関心してしまうわけです。

あ、すみません。話がそれちゃいました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ