スポンサーリンク

宙組退団者発表と今後の宙組人事の傾向について

宝塚歌劇を楽しもう

宝塚歌劇団とはどんどん新しいことがおきるので、なんだか9月のことってちょっと前の事のように感じてしまいますね。
明日海りおさんの退団公演宝塚大劇場の方に意識がいったまま
9月27日(金)宙組退団者が発表されていた・・・・。

宙組といえば、前回「澄輝さやと蒼羽りく純矢ちとせ」さんなどが退団されて抜けたばかり。

あのときの退団者発表にはすごく衝撃が走ったので、今回はあまり衝撃が大きくありませんように…と願うばかりでしたが…。

今回の退団者は以下6名です。

2020年2月16日(東京宝塚劇場公演千秋楽)で退団されるのが、
星吹 彩翔
桜音 れい
愛咲 まりあ
実羚 淳

2019年9月27日(集合日付)で退団
陽雪 アリス
愛彩 めあり

ん~…、まぁ、こういうのは仕方がないんですけれど、またしても上級生の方々が辞めていく結果となりとても残念ですね。

スポンサーリンク

93期・星吹 彩翔

個人的には、エリザベートのウィンディッシュ嬢が印象的でした。

自分がエリザベートなのだとエリザベート本人に訴える星吹ウィンディッシュ嬢。

とても力強くまた危うい雰囲気で一気に引き込まれてしまった思い出があります。

可愛らしい顔立ちであるからなのか、男役であるのにも関わらずウィンディッシュ嬢という役がとても似合っていて、娘役でもいけるんじゃないか?と思ったほどです。

でも、「華やかなりし日々」では少年役、「神々の土地」では歳をとった執事役、「オーシャンズ11」ではおじさん役…など、男役も幅広くこなします。

ホントに何でも器用にこなし、すばらしいジェンヌさんです。

芝居だけでなく歌も上手なので、本当に宙組にはなくてはならない存在でした。

抜けてしまうのはとても惜しいなぁ…。

94期・桜音れい&愛咲まりあ

宙組のお姉さんたちがどんどん抜けていきますねぇ。

桜音れいさんといえば、やっぱりエリザベートのヘレネでしょうか。

なんていうか…「かませ犬感」が出ててとてもよかった印象。

ヘレネの役がついた時はとても嬉しかったんだそうですね。

出番としては多くはないものの重要な役…ちょっとコミカル感を出す必要もあるので、かなり悩まれたのではないかな…と私は勝手に思っています。

ヘレネといえば髪型ですが、かつら屋さんが用意したものではなく自分で考えたものを使ったんだそうですよ。

ちなみに、かつら屋さんが用意したものは、新人公演のときにららちゃんが使ったのだといいます。

愛咲まりあさんに関してはあまり目立った役がなかった印象ですが、宙組を支える1人としてしっかりと活躍されていましたよね。

あまりバンッと前に出てくることはありませんでしたが、「細かな気遣い」ができる方だというので、私たちが見ることはできないところで、トップさんや組子を支え、たくさん努力をされていたのでしょう。

95期・実羚淳

オーシャンズ11のエディが記憶に新しいです。

退団された純矢ちとせさん演じるクイーン・ダイアナに「エディ~」と何かにつけてこき使われていた印象で、そんな「こき使われ感」がとても可愛かったなぁ。

ちなみに、エリザベートでは黒天使やっていたみたいですが、これは気付かずで…(何となく風馬翔くんに目を奪われていました、すみません)。

ブルーレイを持っているので、後で見返してみたいと思います!
お芝居もダンスも上手でしたし、宙組らしく173cmの高身長でとてもかっこいい男役さんでした。

以上4名は東京宝塚劇場公演の千秋楽の日付けで退団。

つまり、「El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-」が最後の公演ということになります。

102期・陽雪アリス 104期・愛彩めあり

さてさて、最後は陽雪アリスちゃん&愛彩めありちゃん…陽雪さんは102期生、愛彩さんが104期生。

「この間入ったばっかりじゃん!」と、つい叫びたくなってしまうような若いお二人の退団。

愛彩めありさんなんて、初舞台が星組の「ANOTHER WORLD」だっていうからもうびっくり…ついこの間やったばかりじゃないですか〜!。

何かあったのでしょうか?
それとも、他に何かやりたい事が見つかったのでしょうか?
いずれにせよ、明るい理由であるといいですね。
お二人の退団理由を知る術は私にはありませんが、若いお二人に幸あらんことを祈ります。

93・94・102・104期生の退団発表。

何だかんだと徐々にジェンヌさんが抜けていきます。

卒業されていくのが宝塚とはいえ、集合日のたびに退団者発表にビクつく…。

何とも心臓に悪いなと思っています。

宙組の今後について

さて、今後の宙組はどうなっていくのでしょうか。

最近の宙組の動きを見る限りでは、劇団側は瑠風輝くんと鷹翔千空くんを上げたそうな雰囲気。

でも、徐々に退団者が出てきているにしても、なんだかんだで94・95期などの二枚目ジェンヌで蓋がされているように見えますので、瑠風・鷹翔の2人が上に行くのはまだ先なのですかねぇ?

芹香斗亜(キキちゃん)も2番手時代がずいぶん長い印象。

真風さん次第なのでしょうか…このまま順調にトップになれるのかどうかも気になります。

それ次第で、桜木みなとさんの未来も変わるのかな?

和希そらくんも気になるところ。

このまま路線にのってほしいところではあるのですが、ネットでは「身長の問題が…」と騒がれてしまっているのが気がかりです。

「宙組といったら身長が高い!」のイメージ。

それが宙組の特徴とされているので、身長の低いそらくんがこのまま宙組で路線にのるというのは考えにくいのかな…と。

オーシャンズ11でのそらくんライナスはとてもよかったのですが、身長というところで見ると、やっぱり埋もれちゃってるなという印象でした。

まぁ、そうはいってもダークホースっぽい人もいますし、やっぱり宝塚の人事を読み解くのはなかなか難しいですね。

今回の退団者は6人でした。
若い2人はすでに退団していますが、上級生4人はまだもうしばらくいてくれます。
残りの時間を大切に。

上級生4人の活躍を見守りたい…今はそんな心境です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ