スポンサーリンク

宝塚歌劇団の新たなチャレンジ!

宝塚歌劇についての雑記

皆さんは宝塚歌劇団公式のYouTubeチャンネルをご存知でしょか?

公式Instagramで行われていたタカラジェンヌの皆さんによるリレー形式のメッセージ動画や公演のダイジェスト映像に過去公演の映像やスカステージの動画を期間限定で公開されていたりと、こんなに沢山の動画を無料で提供していただいていいんですか?!と尋ねたくなるくらい豪華なラインナップ。

無料であることとYouTubeという誰にでも利用できるツールという事もあり、布教にも大変役立つと言うことも改めてお伝えしたいポイントです。

さて、そんな劇団の公式YouTubeチャンネルですが、つい最近突如として投下された新たなものがあるんです。

スポンサーリンク

VR動画

それがVR動画。

【公式】『ピガール狂騒曲』特別無料版VR映像「TO THE NEXT TAKARAZUKA―挑戦しつづける宝塚歌劇―」

略さずに言うと「virtual reality」というものになり、簡単に説明しますと一般的な動画ですと映像は定点になりますがVR動画になると鑑賞している媒体を動かすことにより360度の光景を見ることが可能という違いがあります。

普通上演中はステージ上しか観ることは出来ませんし、ご贔屓さんを目で追うことに必死すぎて他の場所をあまり観ていないというのが私を含める皆さんの定石かと思います。

ですがVR動画ですと自分の後ろ、つまりは後方の客席まで見渡すことができると言うわけです。

いやいや、客席なんて見てどうするの…と思われるかもしれませんが、客席を見る機会なんてありませんし、かなりポジティブに捉えるとその光景は皆さんのご贔屓さんがお稽古や撮影時に見られていた光景という事になりますので、同じ空間とまでは言いませんが同じ感覚を共有することができるという意味ではかなり貴重かと思います。

更に先程も触れましたがVR動画は客席1列目のドセンターから見える映像が使用されているため、普段は中々座れないお座席に擬似的にではありますが着席できるというわけです。

既に複数回観たことのある公演でも座席が違うと全く違って観える、だなんてこともよくあることですし今回の試みはかなりありがたいものですよね。

YouTubeには現在月組公演「ピガール狂騒曲」と雪組公演「NOW! ZOOM  ME!!」の映像がそれぞれ一部分のみの配信となっていますが、これから徐々に取り扱う公演数が増えたり乃至は無料のYouTubeだけでなく、配信という形で購入できるようになれば大変嬉しいですよね!

ちなみに、VR映像はVRゴーグルがない状態でも見ることは可能ですのでまだ見ていない方は是非ともスマートフォン等の画面を動かすことのできる媒体で鑑賞されてみて下さい!

また、VRゴーグルは高価なイメージがあるかもしれませんが100円ではないものの100円均一でも購入ができますので、お試しとして購入されてみるのおすすめです。

もちろんヅカオタの必需品であるオペラグラス同様、VRゴーグルもピンからキリまであり高価であればその分性能も上がります。

今後のお家時間や公式からの供給のためにご納得のいくVRゴーグルを探してみるのも良いかもしれません。

100年以上の長い歴史を誇る宝塚歌劇団ですが、こうしていつまでも新しいチャレンジをしてくださるからこそ我々ファンもいつまでも楽しめますし飽きずに追い続けることができるというものです。

毎度の企業努力には驚かされるばかりですが、これからの劇団にも期待を持ちつつVR動画の続報を待ちましょう!