スポンサーリンク

観劇レポ 2018年月組公演「エリザベート」珠城りょうさん「天使のような黄泉の帝王」

月組エリザベート 観劇レポ

こんにちは!連日立見席まで埋め尽くされるほどの人気を誇る月組公演「エリザベート」、ついに見てまいりました!

実は筆者である私、DVDやスカイステージでは散々見尽くしてきたのですが生でエリザベートを見るのは初めてで、何から何まで大興奮です。

キーンと牢獄の音がした瞬間から興奮冷めやらぬ私でした。

もちろん物語は知っている通りに淡々と進み番狂わせがあるはずもなく、しかし面白くないはずもなく、過去のエリザベートと比べては「ホホウ!君はこの台詞をこんな風に言うのね」となんとも通(つう)っぽいつもりで観ていました。

それでは早速メインキャラクター3人に感想を。

スポンサーリンク

トート(珠城りょうさん)

もはや成人男性にしか見えないタカラジェンヌナンバーワンを私の中では飾っている珠城さんです。

カッコイイ!カッコイイのは私が言うまでのこともないので割愛します。

私が今語るべきはトートの優しさ。

「え?黄泉の帝王だよね?死神だよね?」と度々思い返したくなるほどの優しげなトート

例えば、死の舞踏会でルドルフを足蹴りにする振付がありますが、びっくりするほどソフトキック!

その後、命を奪ってほしいと懇願するエリザベートの顔や腕を掴むトートも、びっくりするほどソフトタッチ。

本当にヤバイ人が実は人畜無害そうな見た目をしている、ということなんでしょうか。

時々見せる狂ったような表情にゾクゾクしたので、結果オーライです。

ヴィジュアルに関しては申し分ない、素晴らしく美しいトート閣下ですので見る価値は絶対にあります。

エリザベート(愛希れいかさん)

ついに退団を発表されました、女帝・愛希れいかさん。

ところで彼女はいつから女帝と呼ばれるようになったんでしょう。

私には、何でもない話をしているのにすぐ涙目になってしまう泣き虫な女の子・ちゃぴちゃんがいつまでも心の隅に住み着いているのです。

子ども時代からハプスブルク家に嫁いで少しの頃は、そんな下級生の頃のちゃぴちゃんのように初々しく幼い少女ですが、「私だけに」の後にはもう押しも押されぬ女帝の風格です。

ただ可愛いだけのトップ娘役では務まらないヒロインを見事に演じてくださってありがとうございます。

フランツ(美弥るりかさん)

見事な低音。

下級生の頃から声が低い低いとは思っていましたが、ホントに低いんですね……。

「嵐も怖くない」「私だけにリプライズ」など、ソロで歌うシーンになると特に顕著なのですが、私たち一般人が歌っていて気持ちよく出る音域で裏声になる美弥るりかさん。

私たち一般人が歌っていてく、ぐるじい、とガスガスになる音域で綺麗に響かせる美弥るりかさん。

流石です。

ヘタレだけどマザコンだけど別に格好いいじゃん、女心なんて分からなくていいよ大丈夫だよ、と思ってしまうような説明しがたい魅力、無理のない歳の取り方、大満足でした。

まとめ

エリザベートを上演するにあたり不可欠な、5人の重役が出来る重低音の男役。

アクがある役をすることが出来る上級生の娘役。

ダンサー多数。
今だ!という時を見極め見極め、2018年の夏に上演が出来たということで、このタイミングでエリザベートを生で観劇することが出来たことをとても嬉しく思います。

宝塚の殿堂にて「エリザベート展」開催中

また現在宝塚の殿堂にて「エリザベート展」が開かれ、歴代トートのカツラや、衣装、小道具、アクセサリーなど多数展示してあります。

月組公演「カンパニー/BADDY」の展示ブースもあります。入場料500円で見て回り、写真も撮ることが出来るので、観劇の際はぜひどうぞ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
観劇レポ
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ