龍真咲(月組元トップスター)の現在の活躍

龍真咲 宝塚OG

現在月組では、娘役トップ、愛希れいかさんの退団公演「エリザベートー愛と死の輪舞(ロンド)ー」が東京宝塚劇場で上演中です。

トップスター珠城りょうさんと愛希れいかさんが筆頭となって、現在の月組を盛り上げてきました。

一方で、愛希れいかさんと共に、月組の歴史を刻んできたトップスターさんとして忘れてはならないのが、龍真咲さんの存在です。

龍真咲さんは2016年9月に宝塚を退団され、珠城りょうさんにトップスターの座を引き継いだ後、現在は歌手や女優として活躍されています。

この記事では、龍真咲さんの現在の活躍について紹介していきます。

退団直後にインスタグラムを開始

龍真咲さんは退団直後にインスタグラムを開設しました。

View this post on Instagram

龍真咲さん(@masaki_ryu)がシェアした投稿

現在インスタグラムのフォロワー数は4万5千人以上です。

退団直後にインスタグラムを開設したことは、ファンにとっては嬉しいことでした。

龍真咲さんのインスタグラムでは、プライベートの様子や、出演舞台の裏側、そして愛犬のリヒトちゃんの写真が上げられています。

これらの写真からは、髪を伸ばして、服装もメイクも女性らしいものとなっていく様子が伺えます。

退団してから徐々に増していく龍真咲さんの可愛さは、ファンの間で話題になりました。

トップスター時代は、かっこいいお兄さんのような雰囲気を漂わせていましたが、本当に男役さんだったのかと思うほど、現在では可愛らしい雰囲気になりました。

今までは見せられることのなかった龍真咲さんの魅力が満載なので、フォローする価値ありです。

「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」に出演

龍真咲さんが退団後に初めて上がった舞台は、エリザベートの上演20周年を記念した、スペシャル・ガラ・コンサートでした。

この公演は2016年12月から2017年1月にかけて、梅田芸術劇場やBunkamuraオーチャードホールで上演されました。

宝塚在籍時には、ルキーニ役を演じたことのある龍真咲さんですが、今回のガラ・コンサートでは、ルキーニ役とエリザベート役の2役に挑戦しました。

ネスレ日本公式チャンネルで配信されている、「宝塚☆スタートーク」に出演なさった際には、エリザベート役を演じる際に、女性らしい所作には苦労したとのことです。

稽古の際には、上級生から「男らしすぎる」と注意を受ける場面があったと語りました。

約15年も男役として活躍してきた龍真咲さんですから、身体に染み付いた男役の所作を修正するのに苦労したことでしょう。

しかし、龍真咲さんがガラ・コンサートで演じたエリザベート役は大好評でした。

エリザベート役が歌う楽曲で最も代表的なのは「私だけに」という曲ですが、この曲を龍真咲さんは見事なクオリティで歌いきりました。

「私だけに」という曲は、慣れない宮廷暮らしの中で絶望したエリザベートがそれでも希望を見出そうとする心情を歌う大変難しい曲です。

宝塚在団中から、圧倒的な歌唱力でファンを魅了してきましたが、舞台女優としても十分通じる歌唱力であることを改めて認識させられます。

ミニアルバム発売&ソロコンサート開催

2017年8月23日には、初のミニアルバム「L.O.T.C 2107」を発売しました。

このアルバムを制作するにあたり、今までの男役としての発声から、JーPOPシンガーとしての発声に転換するため、ボイストレーニングに取り組んだそうです。

そしてのこのアルバムを引っさげ、龍真咲さんにとって初となるソロコンサート「consert L.O.T.C 2017」が開催されました。

コンサートでは、男役の頃からは想像もつかないくらいの可愛らしい歌声を披露してくれました

また、このコンサートでは「キューティーハニー」のカバーが披露されました。
女性らしい色っぽさが全開で、龍真咲さんの幅の広さを痛感させられました。

「1789ーバスティーユの恋人たちー」に出演

2018年の4月から5月にかけて帝国劇場で上演された東宝ミュージカル「1789ーバスティーユの恋人たちー」にマリーアントワネット役で出演しました。

このマリーアントワネット役は元宙組トップスター凰稀かなめさんとのWキャストでした。

そして、この舞台が退団後に初めて出演するミュージカルとなり、これが本格的な女優デビューとなりました。

宝塚版の「1789」では、マリーアントワネットに強い敵意を抱く主人公のロナンを演じた龍真咲さんですが、東宝版の「1789」では逆の立場を演じることについて、「どういう感覚になるのだろう」と戸惑いを隠せなかったようです。

マリーアントワネット役の龍真咲さんは、この公演で艶やかで伸びのある女性らしい歌声を披露してくれました。

エリザベート ガラ・コンサートから1年以上が経ち、その頃を比較するとさらにレベルアップしたようです。

徐々に女性役が身体に染み付いてきた龍真咲さんのこれからの活躍に期待大です。

最後に

宝塚を退団してからというもの、様々な活動を通して女優としての幅を広げている龍真咲さん。
今後の活躍にも注目です。。