録画予約必須!「JURIの宝塚音楽同好会」4月のゲストは・・

宝塚歌劇を楽しもう

みなさんは、樹里咲穂さんという元タカラジェンヌさんをご存知ですか?

驚異的なMC力を誇り、タカラヅカスカイステージにおいて、JURIのそれってどうなの?を皮切りに、ほぼ絶えることなくスカイステージでオリジナル番組を持ち続ける元新専科男役スターさんです。

現役時代の代表作はあげればキリがないのですが、

花組エリザベートのフランツ・ヨーゼフ役
初演宙組ファントムのジェラルド・キャリエール役などが印象に残っておられる方も多いと思います。

非常に歌唱力があるスターさんで、退団公演『エンター・ザ・レビュー』では男役ながらにエトワールを務めておられます。

退団後の樹里さんは、ミュージカルで活躍するかたわら、その話術を生かしてスカイステージでオリジナル番組を持っています。その、現在の番組が宝塚専門チャンネル「スカイステージ」で放送されている『JURIの宝塚音楽同好会』です。

記念すべき第1回のゲストは、星組トップスターの紅ゆずるさんでした。

第2回のゲストは、宙組2番手男役の芹香斗亜さん。
第3回のゲストは花組2番手男役の柚香光さん。
第4回のゲストは宙組トップスターの真風涼帆さん。

そこから毎月ゲストが入れ替わり、放送が繰り返されています。

ちなみに今月2019年3月に放送中のゲストは、月組の暁千星さんです。

今のところまとめて一挙に!という放送はありませんので、今後そういった放送も期待できると思います。

76期生の樹里さんだから・・・

樹里さんは生粋の大阪人。コテコテの大阪弁を話されるのが特徴です。

そして、出演する生徒の直前の舞台は必ず観劇に行き、元タカラジェンヌならではの感想を言われます。

この視点は、やはり同じ釜の飯を食べてきた樹里さんでないと出てこない発言だと思います。

視聴者からの質問にも、時には真面目に、でも時には「これ、もう諦めたほうがいいんちゃう?」と笑いを誘うような、面白いコメントが続発します。

先月の月城かなとさんの回では、月城さんが非常に日本物を愛しており、その中でも心中・恋の大和路の「この世にただひとつ」が好きなのだということを熱く語られていました。

いろいろな日本物に詳しかったれいこさん、日本物の雪組から月組への移動が少し残念だったのかもしれないな、などと思いを馳せました。

そういった現役タカラジェンヌさんがどういった宝塚ソングが好きなのか、憧れているのかといったことや、外部のJ―POPはどういった曲を聴いているのかなど、詳しく語られます。

またその生徒さんが公演で歌っていて印象的だった曲も映像とともに振り返れます。

ただ少し残念なことがあります。
退団直後の樹里さんの番組のゲストの方達は、樹里さんと学年も近く、対等にざっくばらんにお話をされ、共演していた時のエピソードが出て大爆笑、といったシーンもよくありました。

しかし現在のゲストは90期以降の方が中心で、76期生の樹里さんとは学年差もあり、

「樹里さんに、憧れていました!」という方が多いので、以前のような対等にざっくばらんと共演時のエピソード、というのはなかなかなくなってきているのですよね。

そんなJURIの宝塚音楽同好会、来月の特別編のゲストはそういう意味でも見逃せません。

次回は特別ゲストが!お見逃しなく!

なんと特別ゲストは、花組組長の高翔みずきさん、宙組組長の寿つかささんなのです。

このお二人は樹里さんの同期生で今も現役で残っている最後の2人なのです!

76期生一覧

在団中には同時期に宙組で過ごしたこともある高翔さんと寿さん、元々お話の上手な組長さんたちですから、大爆笑になること間違いなし!なのです。

特に組長さんが表立って話される場面は初日や千秋楽の舞台挨拶など、自分のことを話されることはほとんどないに等しいです。

また、組のほぼ全員が下級生であるため、同期生にしか見せないような顔は普段は見られません。

あらゆる意味で見るしかない!という番組です。

初回放送予定は20194323時から30分間。

繰り返し放送されますが、一刻も早く見てみたいですね!

ライター:水城 稜

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ