スポンサーリンク

なぜ城妃美伶がトップ娘役にならなかったのか

宝塚歌劇を楽しもう

現在宝塚歌劇団花組公演中「花より男子」。

あ〜明日で終わってしまうのですね。なんだかとてもいい作品で私も観劇しに行ってとても満足した作品だった。

できれば、もっとロングランで、宝塚歌劇を見たことない友人にもチケットをとってあげて、布教活動していきたい作品になりました。

そしてやはり宝塚ですから、どうしても男役のF4グループが注目されてしまいます。

しかしその中でも、本当にすごくすごく、よかったです!城妃美伶さん。

今回は、牧野つくし役を演じた城妃美伶さんをピックアップしたいと思います。

スポンサーリンク

牧野つくし役の城妃美伶

あんなに華やかで、美しく、お嬢様役がぴったりハマる娘役さんでしたので、
最初は「雑草のつくし」がピンとこなかったです。

しかし、舞台にいるしろきみさんは、紛れもなく、強気で優しい、雑草魂の牧野つくし。
2次元から飛び出してきたつくしがそのまま舞台に立っていました。

激しく怒りながら歌うところでも声がブレずにしっかり通っててさすがでした。

とにかく身体能力の高さ、そして膨大なセリフもわかりやすく、聞き取りやすく、
驚かされました。

芯が強くて雑草のつくし、でも城妃美伶さんの可愛さが詰め込まれたつくし。

自然体で、野生的な牧野つくしが本当によく表現されていました。

牧野つくしの密かな孤軍奮闘が生きて、本当によかったです。

なぜ、城妃美伶を娘役トップにしなかったのだろう・・・・・

と、ふと考えてしまいます。

しかし、今回の城妃美伶をみて、「どんな役でも演じられる人」という役の幅の広さを感じる。

逆にトップ娘役にしてしまうのは、勿体無い。

お姫様役も毒のある役も意地悪役もできる人。

つまり、圧倒的な実力のある人どんな役でも演じられる人が脇にいなくてはお芝居が出来上がらないのも「劇団」というところ。

城妃美伶は、そういう実力のある人材として必要な人なのですね。

CASANOVAで卒業してしまった実力のある花組娘役上級生たちの穴を埋めてくれる存在として花組になくてはならない人。

ちなみに今回娘役トップの華優希ちゃん。横浜アリーナでお披露目がありましたが、これまた可愛いくて、可愛くて、みんなに可愛がられるお姫様な存在感。

毒のある役や意地悪役を演じることのないトップ娘役として十分に存在できる。

トップ娘役とは、色々な要素やらバランスやら、実力以外のところも複雑に絡み合って、一概に「実力」のあるなしでは決められないものですね。

城妃美伶のプロフィール

生年月日6月12日
出身地東京都杉並区
出身校雙葉中学校出身
身長162センチ
愛称しろきみ
入団期97期生(→97期生一覧
入団時の成績3番

2015年 阪急すみれ会パンジー賞において、2015年度新人賞を受賞。

新人公演ヒロインは5回経験している。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ