彩風咲奈主演「ハリウッドゴシップ」配役発表!これは彩彩公演!

宝塚歌劇を楽しもう

先日、宝塚歌劇団雪組の『壬生義士伝/Music Revolution』が無事千秋楽を迎えました。
そのわずか数日後にハリウッドゴシップの配役が決定…皆さんはもう確認しましたか?

ハリウッドゴシップのストーリーについては、すでにちょこっとだけ紹介されています。

彩風咲奈さん、潤花さんの公演ポスターはこんな感じ。ビンタ?なかなか斬新なポスターです。

ということで、宝塚歌劇の公式HPのストーリーとキャスト、配役からイメージを膨らませてみよう!
これが、公演までのお楽しみなので・・・。

映画スターを志しながらもチャンスに恵まれないコンラッド(彩風 咲奈)は、これを最後にと、新人発掘を謳う大作映画のスクリーンテストに臨む。

しかし主演に選ばれたのは今をときめく若手スター、ジェリー・クロフォード(彩凪 翔)。新人発掘の謳い文句は単なる話題作りだったのだ。
その事実を知ったコンラッド(彩風 咲奈)は、怒りに任せスタジオへ。

だがそこで、彼は往年の大女優アマンダ(梨花 ますみ)に見い出される事となる。
彼女(梨花 ますみ)はコンラッド(彩風 咲奈)に、スターになるための演技や身のこなし、更には、聴衆の目を惹きつける“秘策”をも伝授するという。
そんなアマンダ(梨花 ますみ)にはある思惑があった。

それは彼女(梨花 ますみ)を踏み台にしてスターとなったかつての恋人、ジェリー(彩凪 翔)への復讐。
やがて、スターの素養を身に付けたコンラッド(彩風 咲奈)は、アマンダ(梨花 ますみ)と共に先の映画の制作発表会見へと乗り込んで行く。

そこにはジェリー(彩凪 翔)の新たなロマンスの相手と噂される無名のヒロイン、エステラ(潤花)の姿も。
驚く彼らを前に、コンラッド(彩風 咲奈)はでっち上げの“ゴシップ”を披露し、悲願であったスターへの道を歩き始めるのだが……。

1920年代のハリウッドを彩るスキャンダラスな“ゴシップ”をモチーフに、虚構の街で夢を紡ぐ人々の光と闇をドラマティックに描く。

宝塚歌劇公式HP

これは、彩風咲奈彩凪 翔 の彩彩コンビの彩彩公演ではないですか!
彩彩ファン必見の作品ですね。

その他の配役について

専科からは、夏美ようさんと梨花ますみさん。

夏美ようさんは今回は映画会社のプロデューサー役。

プロデューサーといっても「偉そう·気弱そう·頑固」などといろいろありますから、どのようなものか非常にきになります。

梨花ますみさんは壬生義士伝にもご出演。

専科に移ってしまって寂しいなと思っていましたが、意外と雪組に来てくれるので嬉しいです。

今回は往年の大女優とのこと。

梨花さんの大女優っぷり…どうなるのでしょうか。

梨花さん演ずる大女優の元愛人役には彩凪翔さん(若手スター)。

ネット上では「今回は女役では?」なんて予想されている方もいたようですが、男役でしたね。

若手スター·元愛人、なぎ様にぴったり…と思っているのは私だけではないはず!

絶対「かっこいい」で間違いない!

梨花さん邸の執事役には真地佑果くんです。似合いますね、真地くんの執事。

優等生っぽい彼(彼女)の雰囲気が実直な執事にぴったりな気がします。

千風カレンさんに至っては安定の秘書役(夏美さん演ずるプロデューサーの秘書)。

彼女、こういう感じの役多いですよね。

最近では「20世紀号」「ファントム」でも秘書的な役でしたもんね。

早花まこさんはダイナーの女主人。

「ダイナーとは何ぞや?」というところですが、羽織夕夏さんがダイナーの女性客ということから、おそらく何らかのお店…レストランとかカフェとかそんな感じでしょうか。

このお二人でどんなお芝居を見せてくれるでしょうかね。

どちらも安定した娘役さんですからきっと小技の効いたお芝居を見せてくれそうです。

煌羽レオさん·眞ノ宮るいくん·縣千くんは、彩風咲奈さん演ずるコンラッドのエキストラ仲間。

うん!いいメンバー!と思うのは私だけでしょうか?

うまく説明できませんが、わちゃわちゃしてくれそうでとても楽しそう。

仲間内での関係性とか気になりますよね。

眞ノ宮るいくんとかどういう立ち位置にあるのかな…。

さてさてお次は真那春人さん、映画監督役ですね。

何故か分かりませんが、何となくファントムの警部役が頭に浮かぶのは私だけでしょうか?

あんな感じになるのかな…と勝手に予想しています。

助監督には諏訪さきくん。

真那 春人と絡みが多いのかな?真那 春人諏訪さき(シュワッチ)…今まで絡んだことあったでしょうか。

とても新鮮です。

愛すみれちゃんはゴシップ紙のコラムニスト役として登場。

コラムニストにもいろいろありますが、ゴシップ紙ですからね。

何かいろいろとありそうな予感。

ゴシップ紙のコラムニストってどんな感じなんでしょうかね。

愛すみれちゃんのコラムニストに乞うご期待!

で、そのゴシップ紙の記者に天月翼くんと野々花ひまりちゃん。

天月くん、ひまりちゃん、愛すみれちゃんとの3人での絡みが多くなるのでしょうか。

楽しそうな職場ですよね。

ここでは配役の名前がついている中ではサイカとなるのが汐聖風美くん(100期生)。

仕立て屋さんとして登場します。

映画俳優たちの衣装を仕立てるのでしょうか?

可愛い汐聖風美くんの仕立て屋さんに注目です!

さてさて、最後は主演のお二人のご紹介!

売れない映画スター、コンラッドに彩風咲奈さん。

無名のヒロイン、エステラ·バーンズに潤花ちゃん。

彩風咲奈さんの主演作というと…マトカマトカのキャプテンネオが印象的ですよね。

あれ、出演メンバーイケメン揃いで目の保養にはなりましたが、お話としては今一つで。

それを引きずってか、「今回は大丈夫?」と咲ちゃんに声をかけてあげたい…。

ハリウッドゴシップでは、どんな彩風咲奈さんが見られるのかなぁ。

潤花ちゃんに至っては「ヒロインおめでと~!」の一言!

Music Revolutionでのロケット、ガートボニートの子猫ちゃん、とても可愛いかったです。

無名のヒロインであり、彩凪 翔演じる若手スターとの現在の熱愛相手(噂)という役どころ。

彼女のお芝居に関しては賛否両論あるようですが、とにかく抜擢されたことは非常に嬉しいので期待したいです。

105期も登場

入団したばかりの105期生の研1生からも2名登場します。

おそらく、組配属後、初のお芝居出演でしょう。

琴峰 紗あら(娘役)
紀城 ゆりや(男役)

紀城ゆりあさんのお姉さんは、宙組の愛海ひかるさんということで、こちらも注目しています!

今回はいつもの雪組とは人数が異なる舞台です。

でも、少人数ならではの楽しさや迫力というものがありますよね。

望海風斗の公演『はばたけ黄金の翼よ』も当然、気になりますが、彩風咲奈主演の『ハリウッドゴシップ」もどうぞお楽しみに!

KAAT神奈川芸術劇場 
2019年10月11日(金)~ 10月17日(木)

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
2019年10月23日(水)~ 10月31日(木)