スポンサーリンク

宝塚歌劇団・中止チケットの損失額ってどれくらい?

宝塚歌劇についての雑記

宝塚歌劇団は、ほぼ毎日どこかで公演をおこなっていたのに、こんなに中止が続いてしまって・・・・。

公演ができなければ、その分のチケット代は払い戻しになってしまう。

スポンサーリンク

ロングランという文化は宝塚にはない

公演はいつも新しい演目を作り続けている宝塚歌劇団。

公演を「延期」するという選択肢は宝塚歌劇団にはないのです。

公演のために作った衣装、カツラ、舞台装置、脚本、作詞作曲、ポスター撮影・・・・。

もちろんそれだけではありません。どんな公演をするか、誰に依頼するか会議を繰り返し、著作権等の申請や交渉・・・。

一つの作品に数年がかりで取り組んできた劇団。それをたった約100回の公演で終える。

今まで中止になった損失額は??

少し、下世話なお金の話になりますが、中止になった分のチケット代ってどれくらいなんだろう・・・・とちょっと計算してみたくなりました。

宝塚大劇場・花組の中止回数19公演

1回公演の損失額
SS席194席×12500円2,425000
S席1408席×8800円12,390,400
A席475席×5500円2,612,500
B席473席×3500円1,655,500
合計:1666万円(四捨五入)
19回休演3億1730万円

3億1730万円

東京宝塚大劇場・星組と雪組

1回公演の損失額
SS席133席×12500円1,662,500
S席1440席×9500円13,680,000
A席229席×5500円1,259,500
B席263席×3500円920,500
合計:1650万円(四捨五入)
星組:14回 雪組29回 計43回休演7億950万円

7億950万円

月組・別箱公演

席数の詳細わからずチケット平均8000円で計算

1回公演の損失額
月組「赤と黒」1656席×8000円13,248,000円
8回休演1億560万円
月組出島戦争 1300席×6700円8,710,000円
4回休演3485万円
計12回休演1億4045万円

1億4045万円

総計 11億6725万円

四捨五入し、ざっくりとしてますが、中止になったチケット代の損失だけでなんと
11億6725万円!!!!!でした。

もちろん、休演になった損失はこれだけではありませんね。

満席が常の宝塚ですからこれをどこで回収していくのでしょう?

客席数や公演回数をこれ以上増やす事はできないですからね。

という事で、私たちができる事は、グッズや円盤を買うことしかない!

買いましょ、買いましょ。〜と結局そこにたどり着く、、という笑。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇についての雑記
スポンサーリンク
宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ