スポンサーリンク

望海風斗さんの退団後初ミュージカル、、主役ではないんですか?

宝塚OG

望海風斗さんの退団後初ミュージカルが、発表されました。

ディズニーで映画化もされた大人気ミュージカル「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」、来年1月から2月の上演です。

ディズニー映画にもなった作品という選択肢に納得し、役に驚き、出演メンバーを見てまた納得という、驚きがたっぷり詰まったニュースでしたので、ご紹介させていただきます。

私見が入りますので、ご理解のある方だけ宜しくお願いいたします。
最後までお付き合いいただければ幸いです。

スポンサーリンク

「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」

「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」は、ハッピーエンドで終わったおとぎ話のその後を描く、大人向けのストーリーです。

ディズニー映画になっているというところが、望海さんにぴったりですね。

「FNSうたの夏まつり」での素敵な世界が、脳裏に蘇りました。

宝塚在団中に、同じく歌が上手いことで知られた北翔海莉さん率いる星組公演「Love&Dream」のようなステージを、望海さんで観たいと願っていたものです。

それが別の形で退団後に叶うとはと、本当に嬉しい気分になりました。

宝塚ファンの皆様なら充分ご存じだと思いますが、男役トップさん退団後の初舞台では、たいてい「主役」か「ヒロイン」を演じられます。

ファンの間ではいわゆる「ご祝儀」と言われていて、トップさんの意向を汲んだ舞台ができるように、所属する事務所だけではなく、宝塚側からのアシストがあるといわれています。

望海さんほどのトップさんですから、当然歌を聴かせるタイプのミュージカルで、堂々たる主役を演じられると思っておりました。

しかし発表をよく見てみますと……。
「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」の魔女役。

思わず「ありえない!」と口に出してしまいました。

映画版のキャストでは、確かに魔女が主人公としてアナウンスされ、メリル・ストリープが演じていることでも話題になりました。

けれど呪いによって、老婆の姿にされた役です。

しかもミュージカル版では、パン屋の妻が主演女優賞を受賞しています。

ストーリーは、子供が出来ないパン屋の夫婦が、それが魔女の呪いのせいであることを知り、四つのアイテムを集めるために森の中に入っていく、というものです。

魔女も自らの母により、醜い老婆に見えるという呪いをかけられています。

そしてパン屋夫婦は、魔女に告げられた期限までにすべてのアイテムを揃え、ハッピーエンドに向かったはずが……。
オチはネタバレになりますので、伏せさせていただきます。

つまり主役はパン屋夫婦であり、魔女は狂言回しの役なのです。

トップさん退団後の一作目は、主役ではないんですか? そして美女役ではないんですか?

確かに一度は若さを取り戻しますが、基本的に醜い魔女の役なのです。

望海さんなら、絶世の美女役がハマりますよ?

第一作目はガラコンという考え方もありますけど、あれはノーカウントですよね。

そう考えながら、他のキャストを見ていきました。

朝海ひかるさんの退団後第一作目の舞台は、「蜘蛛女のキス」で主演でした。

映画女優と蜘蛛女の二役で、妖艶な美女を演じられましたね。

現役時代も放っていた妖しい雰囲気そのままに、場を支配する演技でした。

湖月わたるさんの退団後第一作目の舞台は、「Damn Yankees -くたばれ!ヤンキース-」で主演、セクシー美女役でした。現役時代は熱い漢役が得意で、抜群の包容力を誇っていた湖月さんが、いきなり男性を誘惑する金髪美女になって、驚きました。

麻実れいさん、毬谷友子さんの退団後初ミュージカルはさすがに知らないけど……と思って、はたと気づきました。

宝塚オタクの望海さんに相応しい、OGさん大集合の舞台なのですね!

もはや男役の伝説と言ってもいい、麻実れいさん。

いまだに若いファンが沼落ちしていく、圧倒的なスターさんです。

毬谷友子さんは今でも「最高の娘役」として名前が挙がる方ですね。

私の知り合いは娘役時代の毬谷さんを見て「お姫様って本当にいるんだ」と実感したそうです。

梅芸所属の麻実さん、湖月さん、朝海さんと並んだお名前。

望海さんまで梅芸に入るのかと勘違いしてしまいそうですが、ワタナベ・エンターテイメントです。

望海さんはコロナ禍で、退団日が変更になりました。

用意されていた舞台が飛んでしまった可能性も、大きいと思います。

明日海りおさんの退団後の初舞台「ポーの一族」も、急遽決まったものだと原作者の萩尾望都先生が仰っていました。

コロナによって外部の舞台の予定も大きく狂い、本来とは違う作品になった可能性もあると思います。

でも宝塚が大好きな望海さんが、宝塚OGに囲まれて退団後初ミュージカルに臨む。

望海さんの喜ぶ顔で目に浮かぶようです。

望海さんらしい第一作目が、楽しみです。

「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」は、素晴らしい音楽でも知られています。

「現在生きている最も偉大な舞台作詞家」とも言われる、ソンドハイム氏。

現代アメリカのミュージカルを、芸術にまで引き上げたとも評されています。

宝塚では「WEST SIDE STORY」が有名ですね。

「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」は作詞作曲を手掛けています。

公式サイトにも「難解なソンドハイムメロディの音符」と書かれています。

映画版のレビューの中には、キャストが歌いこなせていなかったという批評が、散見されます。

ソンドハイム氏の曲は難解で、わかりやすいリズムやメロディではありません。

歌が上手い方でないと、聴いているほうは、どんな曲なのかわからなくなってしまうことも。

その点、望海さんなら安心ですね。

ソンドハイムメロディを堪能できます。

望海さんだからこそ、歌詞と曲が一体となった素晴らしい歌を、堪能できそうです。

「INTO THE WOODS-イントゥ・ザ・ウッズ-」が上演される来年が、待ち遠しいですね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。