望海風斗のファントム。そろそろ心の準備をしておこう。

望海風斗 宝塚歌劇を楽しもう

先日雪組ファントムの記者会見が行われ、望海風斗、真彩希帆、彩風咲奈が登場し、舞台衣装とともに歌を披露いたしました。

また、スカイステージでは、お稽古場風景が紹介されました。作曲家のモーリー・イェストンが直接お稽古場を訪問され、雪組のお稽古を見学され、「こんな素晴らしいファントムは初めて!世界に通用する!」と大絶賛されていました。

いよいよ、11月9日から公演が始まります。
望海風斗のファントム。きっと、一生心に残る作品に出会えそう。
そろそろ心の準備をしておこう。(チケットまだ取れてないけど)

一人でも多くの人に雪組のファントム。ライブ中継追加!
ファントムのLVを見て、とにかく涙が止まらなくなった。あんなに哀しく美しい愛の形を舞台で表現できるのか・・・としばし呆然となり、LVの帰りには、「日本中のすべての人にこの舞台を見てもらいたい・・・」と願いながら帰路についたのは、宝塚大劇場...
絶対オススメしたい!「ファントム」のライブ中継
昨日の雪組千秋楽「ファントム」はライブビューイングでみました。それはもちろん、劇場に行きたいです。でも、宝塚大劇場は、遠いし、チケットも取れないし。そんな理由で泣く泣く「ライブビューイング」のチケットをとったのです。が!!!...

宝塚歌劇・4度目の公演

今回の雪組「ファントム」は、4度目の公演となります。

初演の2004年宙組公演に続き、2006年、2011年に花組で公演されました。

201411月まで花組だった望海風斗は、
2006年の「ファントム」新人公演で、若かりし頃のオペラ座の支配人キャリエールと団員セルジュを演じた。

2011年の3度目の「ファントム」ではオペラ座の団員リシャールを演じました。

今回、雪組トップとして主役エリック(ファントム )を演じるのは、なんだかとてもこの作品と望海風斗の縁を感じさせるように思えてくる。

すでに宝塚大劇場公演チケットは、好評で完売していますが、
但し、若干の当日券が販売されます。(相変わらずのチケット難です)

ファントムのストーリー

ファントムは、過酷な運命に閉ざされ、母親への強い憧れを抱いています。

そのファントムの前に現れたクリスティーヌの姿、声は憧れの母を連想させました。

ファントムはクリスティーヌを一流の歌手にしたいと夢見て、姿を隠して歌の指導をしていきますが・・・・。

やがて母を強く求める熱い心は、そのままクリスティーヌへ投影され、激しい愛にファントムを駆り立てていきます。

最後に悲恋となる物語ですが、親子の愛、ファントムとクリスティーヌの愛、全てを包む周りの人びとの愛とさまざまな愛が静かに広がっていくラストシーンは、心を熱くします。

仮面をかぶり地下に生きるしかなく、姿を見られることを恐れ、隠れ住んできたファントムの傲慢さと恐れ、入り混じる繊細で複雑な怪人の葛藤を、望海風斗はどのように観せてくれるでしょう。

その歌唱力と歌に感情を自在にのせていく表現力で、望海風斗らしい新しいファントムが生まれるでしょう。期待感、ワクワクですね。

望海風斗・ファントムの心を覗いてみたい

  望海風斗は、「ずっとファントムの心を覗いてみたいと思っていた。ファントムには仮面で隠しいるが、愛がほしいという気持ちがある。そういう裏腹なところを大切に」と役づくりをしたい語っています。

 お稽古風景を見た「ファントム」の作詞作曲家のモーリー・イェストン氏は、望海風斗のファントムは「プロフェショナルの目からも全てが完璧で、ワールドクラス。これまでにないトップクラスの公演になる」と大きな期待を寄せました。

「ファントムは愛についての美しい物語だが、望海風斗はその愛を歌で表現してくれている」と惜しみない絶賛を贈っています。

今月18日に開かれたミュージカル「ファントム」(11月9日~12月14日、宝塚大劇場) の取材会でも望海風斗は、「ファントムはすごくやりたいと思っていた。強い思いがかなった。」と喜びを伝えました。

「これまでの2回の出演で、いろいろな角度から「ファントム」を見てきました。その経験を生かし、主役だからこそ、これまで感じなかったことを感じる」と話し、自分らしく丁寧に演じていきたいと感慨を語っています。

また、クリスティーヌ役の真彩希帆やキャリエール役の彩風咲奈をはじめ、雪組のみんなと『ファントム』を作り上げていきたい、共演者にも厚い信頼をみせました。

まさに、雪組の総力をあげた公演になります。

望海風斗プロフィール

生年月日 10月19日
出身地 神奈川県横浜市出身
横浜ウォーカーにタカラジェンヌとして初の表紙を飾り、「横浜市歌をいつか歌いたい」「横浜は俺の庭」という発言からも横浜愛をひしひしと感じます。
出身校 法政大学女子高等学校
入団時の成績 2番
入団期 89期生(→89期生一覧
愛称 だいもん
身長 169センチ
初舞台 月組公演「花の宝塚風土記」「シニョール・ドン・ファン」
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ