スポンサーリンク

マザコン皇帝、実はいい男!?皇帝美弥るりかここにあり!

美弥るりか 宝塚歌劇を楽しもう

『エリザベート~愛と死の輪舞~』は、今年の月組公演が宝塚歌劇団による記念すべき10回目の再演。

そこで今回のテーマは、月組2番手男役・美弥るりかさん演ずる、宝塚史上10人目の皇帝フランツについて。

スポンサーリンク

美弥るりかのフランツやいかに!?

演目・配役が発表されたときには、「美弥るりかがエリザベートに出演するなら、この物語のストーリーテラーでもあるイタリア人無政府主義者、ルイジ・ルキーニ役で見たい」という声も多くあったようだ。

演出家の小池修一郎氏も、そう発言している。

実際過去には当の美弥るりか自身が、タカラジェンヌのプロフィール事典である『宝塚おとめ』に、やってみたい役は『エリザベートのルイジ・ルキーニ』だと書いていた。

近年様々な色濃い役を自らのモノにしてきた美弥が描く、実在したオーストリア皇帝兼ハンガリー国王の人生。いわゆる正統派というカテゴリーに属するこの役を、どう魅せてくれるのか。稽古始動前から大変楽しみであった。

さすがは“芝居の月組”の2番手スター!

ただのマザコン皇帝かつ妻・エリザベートの尻に敷かれた言いなり夫。

正直そんなイメージでしかなかった彼。そう、美弥るりかのフランツ・ヨーゼフにお目にかかるまでは。

お目にかかってからというもの、めっきり彼の虜になった。

だって、めちゃくちゃいい男じゃないか…!

まぶしいほどに麗しく、たおやかで高貴な微笑みは、優しさに満ち溢れている。

そして時折見せる、やるせない思いを噛み潰すかのような表情。

この人は、人の心の痛みがわかる人だと感じさせる。

それゆえに、あらゆる意見に対して「それも一理ある」と、考えあぐねてしまうことも多々あるのかなぁ…なんて。

皇帝らしく、生きてきた。

そして…

結婚披露宴で取り乱したシシィに対して「皇后らしくするんだ」と優しく諭すフランツ。

美弥フランツが、「皇帝らしく生きよう、生きなければ」、そう心に誓っているからこその言葉だったように思う。

そこまで観る者の想像力を掻き立ててくれるお芝居に脱帽。

そうして皇帝らしく生きてきたからこそ、シシィの優しさに包まれたい夜だってあるし、それが叶わぬのだから黄泉の美女に癒されたい瞬間だって1度くらいはあるに違いない…。

また、息子・ルドルフに対しても、皇帝らしく、父親らしく接してこられたのだろう。

一見すると冷たく突き放したかのようにも思えるが、ルドルフのためを思った上で、父親として“皇帝とはどうあるべきか”を示した結果だったかと。

次回の主演作も期待大!

「彼がどんな人物で、なぜそのような言動に至ったか」をしっかりと魅せ、
ただの「登場人物の1人」では終わらない。

だが決して作品の世界観を歪めたり壊したりすることはなく、“出すぎた杭”にはならない絶妙なバランス。

ついスピンオフ作品でその人生をより深く追いたくなるような、芝居心冴えわたる圧巻の演技である。

次回の主演作品『アンナ・カレーニナ』も、この演技力が十二分に生かされる演目と言えよう。

美弥るりかのアリョーシャ、期待に胸が膨らむばかりだ。

著者:まや のあ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう注目のタカラジェンヌ
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ