「宝塚歌劇のチケットって高いのね」という母の言葉に

宝塚歌劇を楽しもう

先日母と話していて

宝塚見に行きたいけど宝塚のチケットってすごく高いのね。

どういうこと?

宝塚歌劇のチケットはそんなに高くない

他の人気の劇団やミュージカル公演と比較してもそんなに
宝塚のチケットだけ、特出した高額なチケット価格ではない。

(客席の多いS席で比較)
宝塚歌劇団 8,800円
劇団四季10,800円(割引制度あり)

なぜ、母がそう思ったのか。

実はこれなのです。チケット売買仲介サイトの画面です。
ネットに詳しくないので、仲介サイトなのかすらわかっていないようです。

高い〜!
なぜ、この画面を母が開いたのかというと・・・
宝塚のチケットの取り方が全くわからない。
調べてみたがそんなに簡単には取れないことがわかった。
会員になるとかまだそこまでではない。
予約抽選とかスケジュールがわからない。

しかし母の希望はたったひとつ。
自分の予定が空いた日に合わせて手っ取り早くチケットを取りたい。

ただ、それだけです。

初めて宝塚歌劇に興味を持った方ってこんな感じじゃない?

こんな感じでインターネットで検索窓に入れた言葉が「宝塚歌劇 チケット」

そして上の方に出てきたのが、このサイト。

チケットの取り方がわからなくて調べると、ネット上ではすぐに
流通センター、チケットストリートのようなチケット売買仲介サイトにたどり着いてしまうわけです。

チケット売買仲介サイトが見つけやすい検索上位に

大まかな検索順位
1.宝塚歌劇公式ホームページ
2.チケットぴあ
3.チケット流通センター
4.チケットストリート

1と2については、正規価格のチケット購入になりますが、
やはり会員になったり抽選があったりと複雑。なかなか簡単には入手しにくい。

で、次のサイトが流通センターやチケットストリートなどの売買仲介サイトにすぐにたどり着いてしまったわけですね。

この画面を初めて宝塚歌劇のチケットを買おうと思っている人が見たら、そりゃびっくりしますよね。


ということで、こういうサイトでチケットを買うのはいけないとか、
いいたいわけではなく、そのチケットを購入する前に
正規の料金をまず、知って欲しいと思います。

知った上で、ちゃんと判断してね。お母さん。

宝塚歌劇チケットの正規の料金は?

以下の表が正規のチケット価格です。
まずはこのチケット価格を知っておきましょう。
そして、上の価格でチケットを買うかどうか、ご自身で判断することが大事です。

宝塚大劇場公演 SS席 12,000円
S席 8,300円
A席 5,500円
B席 3,500円
東京宝塚劇場公演 SS席 12,000円
S席 8,800円
A席 5,500円
B席 3,500円
その他の公演 公演と席によって違いますが
3,000~8,800円

正規のチケット購入ルートは?

チケットを購入する方法や場所は色々あるので迷ってしまう方もいらっしゃいますよね。

正規のチケット購入ルートは以下の通りです。

②プレイガイドで購入する

チケットぴあ
http://t.pia.jp

ローソンチケット
http://l-tike.com

e+(イープラス)
http://eplus.jp/sys/main.jsp

CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com

他には、企業の貸切公演や旅行会社の観劇ツアーなどの企画ものですからあるときとない時があります。

④カード会社や企業の貸切公演の企画
その他にも私設ファンクラブや知人、親戚に頼むなどがあります。
ファンつながりを持つことで結構チケットが手に入るようになったりするものです。

まとめ

行きたい!と思ってもなかなかチケットが手に入らない人気の宝塚です。
正規価格で正規ルートでチケットをできるだけ購入できるように、前もって計画してスケジュールを立てて、地道に抽選に申し込んでおきましょう。
そして、
周りに「宝塚見に行ってみたい〜!」と公言しておくといいですね。
意外と身近に熱狂的な宝塚ファンがいて、なんとかしてくれるものです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ