スポンサーリンク

宝塚音楽学校105期生卒業式、夢の舞台へ

宝塚音楽学校

3月1日(金)は宝塚音楽学校105期生の卒業式です。

明日の天気予報は曇り時々晴れ。晴れの舞台はお天気が気になります。

2年間の厳しい学校生活を終え、いよいよ夢の舞台へ旅たちます。

先週2年間の集大成の文化祭を終えたばかりの105期生ですが、文化祭から1週間も立たないまま、あっという間に卒業式なのですね。

なんというハードスケジュールなのでしょう。

スポンサーリンク

宝塚音楽学校の卒業式ってどんな?

宝塚音楽学校の卒業式は、必ず当日の様子がテレビやネットのニュースでも取り上げられるほど注目の高い卒業式です。

今回は、有名人の娘さんの卒業とあって、さらに話題になるでしょうね。

近年は元宝塚トップスターの真矢みきがMCを務める朝の情報番組「ビビット」でも必ず特集が組まれますので、今年も要チェック!

宝塚音楽学校の卒業式は、宝塚歌劇団の正装である黒の紋付と深緑色の袴で行われます。

卒業証書が一人一人に授与されたあと、予科生、校長先生の送辞のあと、卒業生の総代による答辞。

そして予科生と卒業生が向かい合ってのセレモニーがあります。
これがお互いに何を言い合っているのかよくわかりませんが、お互いに涙しあっている光景は2年間の育んできた交流の中で築かれた絆が見えますね。

卒業式は午前中に終わります。

宝塚歌劇団への入団式

なんと卒業式を終えたその日の午後には、宝塚歌劇団への入団式があります。

これまたすごいスケジュールですね。

音楽学校を出て、そのまま隣接している宝塚歌劇団へ向かい、入団式です。

そしていよいよ、舞台人となるわけです。

入団・・・・ということは宝塚歌劇団の生徒は、阪急電鉄株式会社の社員となります。

いよいよ社会人ですね。

芸名の発表

入団式を終えると、宝塚歌劇団のホームページでも全員の芸名が発表されます。

初舞台へのお稽古が始まる

入団式から春休み・・・のようなものがあるのかどうかは不明ですが、(ないでしょう・・多分)

4月19日から宝塚大劇場で始まる宙組「オーシャンズ11」での初舞台へのお稽古が始まります。

初舞台は、4月19日から。

宝塚の初舞台は、おきまりの「口上」と「ロケット」です。

このロケットのお稽古がとにかく厳しく、きつく、今まで経験したことのないようなすごい筋肉痛に見舞われる・・・という話を宝塚OGがトークしていたのを思い出します。

105期生、いよいよ・・・・・ですね。

105周年の記念すべき年に入団する105期生。

105周年・・・何が起きるか・・・・とワクワクしながら始まったと思ったら、なんだか卒業、退団、組み替えが怒涛のように発表され、ザワザワしていたので、今日はちょっとフレッシュなニュースをお届けしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚音楽学校
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ