スポンサーリンク

鳳月杏との間から感じた明日海りおの引き際

宝塚歌劇を楽しもう

宝塚歌劇団花組の「CASANOVA」千秋楽を観劇し、まだポヤッとしている状態です。

だいたい公演を見に行ったあとの2、3日は、ポヤット思い出に浸ることが多い方も多い・・・でしょ??でしょ?

明日海りおの物凄いオーラ、仙名彩世の笑顔、柚香光の格好良さ、鳳月杏の度肝を抜かれた女役。
あ〜どれもすごかった。

そんなポヤットした中で、心に残っている、明日海りおさんと鳳月杏さんの二人の関係。

最後の挨拶の中で見え隠れして、いや、もれちゃっていたので、妄想的ではありますが、記しておこうと思います。

スポンサーリンク

元月組同士の二人の絆

明日海りおさんは、
2013年月組から花組に組み替えされ、翌年の2014年にトップ就任しています。

退団会見の時、月組から花組に組み替えした時が一番辛かった・・・・とおっしゃっていました。

そして同じ月組にいた鳳月杏さんはその一番辛い時期の
2015年に花組に組み替えされてきました。

この時の二人の関係ってどんなだったんでしょう・・・・。
明日海りおさん89期生 鳳月杏さん92期生。

3年の先輩後輩の関係ですが、同じ月組だったこともあり、明日海りおさんにとっては、安心できる存在であったのでしょう。明日海りおさんのトップの孤独や寂しさを温めてくれたはず。

一方、鳳月杏さんは、月組時代は、今ほど、目立った存在ではなかった。

鳳月杏さんの存在を確固たるものに変化させていったのは、花組に組み替えしてから。

花組に組み替えされ、トップ明日海りおさんを精神的に支える存在となり、そしてご自身もすごい努力で地位を確率していった鳳月杏さん。

CASANOVA千秋楽で

明日海りおさんも今回の千秋楽で、
「下級生の頃は自信なさそうで、大人しくて…
今は、こんなにふてぶてしくなって…良い意味で、堂々としているって事ですよ?
月組でも華やかさと、ふてぶてしさをもって花を咲かせてくれると思います」

そして、

鳳月杏さんから明日海さん宛の手紙の内容をお話され、
『明日海さんを置いて月組に行くのは心配です』と書いてあった。
それに対して、
明日海さんは、
『心配いらないよ、随分舐められたもんだな』と。


と上級生ならでは言葉を鳳月杏さんに伝え、そして、
『心配いらないよ』は、最高の最後の感謝の言葉だったのではないでしょうか?

今回の『CASANOVA』千秋楽では、明日海りおさんの涙はなかった。

結構泣き虫の明日海りおさんなのに・・・・・。

きっと、ご自身も退団を発表され、残り少なくなってきた宝塚人生。

自分を支えてくれた人たちを「いい形」で、組み替えや退団という形で送り出す、
その役割を一つ一つ果たしながら、退団へ向かっているのか・・・と。

それが、今回退団されたトップ娘役の仙名彩世であり、月組組み替えする鳳月杏なのでは・・・。

今回の千秋楽では、そんな、最高の形で送り出す清々しさを、明日海りおさんの様子をみて、強く感じた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ