スポンサーリンク

帝国劇場「エリザベート」花總まり・井上芳雄を観劇。花の会の貸切公演

観劇レポ

帝国劇場「エリザベート」を観劇した。花の会の貸切公演。

エリザベート:花總まり(元宝塚トップ娘役)
トート:井上芳雄
ルキーニ:山崎育三郎
フランツ:平方元基
ゾフィー:涼風真世(元宝塚トップ男役)
ルドルフ:木村逹成

という贅沢な回でした。

劇場に入った途端、舞台の素晴らしさに目を奪われた。
奥行きを感じさせる舞台装飾。

シシィ(エリザベート)の花總まりさん。少女は、本当に少女。
年齢を重ねていくとその年齢相応に変化していく。さすが。

なんの引っかかりもなく、す〜っと物語の中に入り込める。吸い込まれる。
花總まりさんではなく、完全にエリザベートがそこにいた。

宝塚版しか見たことがなかったので、まさかシシィのお父さんが家庭教師と浮気しているなんて、しょっぱなから衝撃的だった。

「パパみたいになりたい」と歌うシシィ
「自由」の意味がシシィが思う自由とパパの「自由」は全然違うものだったのか・・・と笑。

井上芳雄さんのトートの歌の透明感。人間離れしていて「黄泉の帝王」、死神という役にぴったりだ。透明すぎて、もはや人間の声でなない。劇場の中に響き渡り鳥肌。
まさにこれが「死、トート閣下」の声だ。

黒天使。
やはり男性ダンサーの迫力はすごい。
黒い羽をうまく使っていて、ゾフィが死んでいく場面を効果的に演出している。

宝塚版とこんなに変化をつけられる演出家・小出修一郎、凄い。

2019年6月7日開幕、ミュージカル『エリザベート』より(舞台映像提供:東宝演劇部)

ルキーニの山崎育三郎もゾフィーの涼風真世も、いやもう全員素晴らしいが、今は帰宅したばかりなので、少しゆっくりと脳内を整理したい。

普段宝塚歌劇を見てばかりなので、やはり男優さんの力強さというものが、改めて新鮮だった。

カーテンコールでの挨拶では、シシィ、フランツ、ルドルフのハプスブルグファミリー登場で盛り上がりました。
シシィとルドルフとフランツがわちゃわちゃ楽しそうに絡んで本編では決して見ることができない出来事でした。
花の会で超ラッキー♡でした。

「エリザベート」って本当に好きな作品。

スポンサーリンク

本日スカイステージで花組エリザベート放送

ということで、本日8月4日21:00からスカイステージで
花組公演「エリザベート」放送です。

トート:明日海りお
エリザベート:蘭乃はな
ルドルフ:柚香光
ルキーニ:望海風斗
フランツ:北翔海莉

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
観劇レポ
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ