スポンサーリンク

宝塚歌劇花組「マスカレードホテル」キャスト別観劇レポ

宝塚歌劇を楽しもう

ドラマや映画など、たくさんの映像コンツに使用される小説家、東野圭吾さんの作品。

その中でも、分かりやすさと登場人物の魅力で人気を博している『マスカレード·ホテル』。

木村拓哉さん主演で映画化もされているため、ご存じの方も多いこの作品を、宝塚歌劇団で舞台化!

それが発表されるや否や盛りあがった本作を、先日シアタードラマシティにて観劇させていただきました。

ネタバレに配慮するためふんわりとした感想になりますが、ただただ言えるのは、「観て良かったぁ」という満足感に包まれた作品だったということです。

スポンサーリンク

主演・瀬戸かずや ヒロイン・朝月希和について

まずは、主演・新田浩介役を務めたあきらさん (瀬戸かずや)とヒロイン·山岸尚美役を務めたひらめちゃん(朝月 希和)について。

THE·ダンディな渋い男役のあきらさん。けれど、あきらさんはこういう、少し口が悪くて、自己中で、でもそこが格好いいという新田のような役がよく似合います。

終始、めちゃくちゃ格好良かったです。

久しぶりに花組に戻ってきたひらめちゃんは、お化粧が変わって、この間観た雪組の全ツよりも可愛らしくなったと同時に、活舌が凄く良くて、高級ホテルのフロント係がぴったりでした。

台詞が聞き取りやすいって、素晴らしい才能ですよね。

2人のかけあいもお上手で、お話の中では恋愛のパートナーというより相棒感強めなところがとても良かったです。

ナイスコンビでした。

今回、驚いたことにデュエットダンスがあったのですが、そこではもう相棒というより運命の相手のようにお似合いのお2人。

お話の最後、良い感じになった2人が結ばれた先を描いてくれたかのようなデュェットダンスに、幸福感でいっぱいになりました。

雪組の『ONCE~』 よりもかなり、お正月公演向きな作品で、演出家の谷先生は原作をまとめるのも、キャラクターの魅せ方も上手だなと感心してしまいました。 

飛龍つかさ

能勢役の飛龍つかさくんは、まさに当たり役をつかみ取っていました。

本公演などでもなかなか目立つ役が出来ていなかったつかさくんに、 実力を発揮するビックチャンス到来と言っても過言ではありません。

そして、 それを形にしてくれたつかさくんには盛大な拍手を送りたいです。

だって、出てきただけでお客さんの笑い声が聞こえてくるなんてそんなのなかなかないですよね。

凄くチャーミングで、空気が読めなくて、腰が低いのに図々しい役を楽しそうに演じてくれるので、観ているこっちまで楽しくなってしまうのです。

瀬戸かずや飛龍つかさのコンビも楽しくて、やっぱり掛け合いっていうのは大事だなとしみじみ思いました。

フィナーレで、つかさくんが真ん中に立ち歌ってくれるシーンがあったのですが、組子からもお客様からも見守られる、 とても暖かな良い場面でした。 

音くり寿

そして、本作品で絶対に欠かせない役を務めてくれたのは音くり寿ちゃん。

今回、音くり寿ちゃんは2役をこなしているのですが、もう言葉にできない圧巻の迫力でした。

音くりちゃんがお上手なことなど『金色の砂漠』の影ソロの頃から当たり前だったのですが、本当に泣くほど上手かったのです。

まず、「声帯はどうなっているの?」と声の変化に驚かされ、『花より男子』で見せた桜子さん以上の怪演をしてくださり。

お芝居と歌が凄すぎて、凄すぎる人を観たら人間は勝手に涙を流してしまうものなのだと初めて知りました。

彼女の見せ場のシーンにチケット代すべてを払いたくなる。

そんな圧倒的な彼女の存在はまさに宝塚の中の宝でした。

その場を支配する狂気じみた役をやらせるのなら右に出るものはいないと思います。

でも彼女のすごいところは、とても可愛らしい声も出るところ。

裏のある準ヒロインだけではなく、正式なヒロインをしている彼女の姿もこれから先、たくさん観ることができればとますます願いたくなりました。 

まとめ

ミステリー作品だし、どんな感じで舞台化されるのだろうとそわそわ、若干ドキドキしながら待ちわびていた本作ですが、 ミステリー要素でもきちんと楽しませ、個性的なキャラクターたちでも楽しませ、宝塚らしい歌やダンスでも楽しませるという、 3拍子揃った作品となっておりました。

これは、宝塚初見の原作ファンでも楽しめたのではないかと安堵しています。

1幕は少し地味目に原作通りに、2幕は音くりちゃんの圧巻な演技と主人公2人の距離感で盛り上げ、幸せな退団公演とばかりの幸福なフィナーレで宝塚感を存分に味わえるというパーフェクトな構成だったと思います。

1月11日の14時公演にはカメラも入っていたので、生で観劇できない方も、1度は映像でいつか楽しんでいただけたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう観劇レポ
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ