専科さんたちの1年間の出演回数は

専科は1年間にどのくらいの公演に出演しているか 宝塚歌劇を楽しもう

さて愛月ひかるさんの専科へ異動のニュースが入ってきて驚いた方も多いのではないでしょうか?

月組から専科へ異動された経験のあるOGの星条海斗さんがブログで書いています。

「専科へ行くということ」
https://ameblo.jp/ritsuko-official/entry-12413313245.html

読んでみてくださいね。

それより専科に行かれてからも愛月ひかるさんの出演される公演があれば・・・・
ということで、ふと。

今の専科さんたちって1年間に何公演くらいされているのかちょっと調べてみました。

専科さんの1年間の出演公演(2018年1月~12月)

松本 悠里 2018年 宙組本公演
轟 悠 2018年 雪組本公演
2018年 星組(主演) 梅芸・ACT
2018年 タカラヅカスペシャル2018(予定)
2018年ディナーショー(予定)
京 三紗 2018年月組・本公演
2018年花組 ・梅芸・KAAT(予定)
汝鳥 伶 2018年星組・本公演
一樹 千尋 2018年花組・本公演
2018年花組・本公演
夏美 よう 2018年雪組・全国ツアー
2018年雪組・本公演
英真 なおき 2018年宙組・梅芸
2018年雪組・バウ
2018年宙組・国際F
五峰 亜季 2018年月組・ACT
美穂 圭子 2018年雪組・本公演
悠真 倫 2018年月組・青年館・梅芸
2018年花組・梅芸・KAAT(予定)
華形 ひかる 2018年星組・本公演
2018年タカラヅカスペシャル2018(予定)
凪七 瑠海 2018年星組・中日
2018年花組・梅芸・神奈川(主演)(予定)
2018年タカラヅカスペシャル2018(予定)

 

ということで、本公演出演の多いのは、やはり専科の中でもベテラン勢。

凪七瑠海のように若い専科となると出演が減ってしまいますよね。
愛月ひかる(93期生)の年代では、各組に同年代がまだまだたくさんいる年齢です。

同じ同期生には、彩風咲奈、蒼羽りく、芹香斗亜がいる。(→93期生一覧

その中で専科に行ってしまうと出演できる作品が減ってしまう可能性は考えられる。

圧倒的な個性があればいい。

愛月ひかるも演技力が秀でてきているのは間違いない。

しかしまだ、専科ベテラン勢のように、熟した年齢でないと出せないものが、愛月ひかるの若さではいくら演技力があっても出せないものがある。

各組出演でのポジショニングが難しいのではないだろうか。

いずれにせよ、退団ではなく、異動だから、まだまだ愛月ひかるのこれからの成長を楽しんで行けるのは間違いない。

目の前のお客様に楽しんでもらいたいというタカラジェンヌであればどこに所属していようと、関係ないのだ・・・と思いたい。

愛月ひかる・今後の出演予定の作品

東京宙組公演『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』『異人たちのルネサンス』

【公演期間】2018年11月23日(金)~ 12月24日(月)

座席料金 SS席 S席 A席 B席
12,000円 8,800円 5,500円 3,500円

新人公演 SS席 5,200円、S席 4,100円、A席 3,000円、B席 2,000円

宙組博多座公演『黒い瞳』『VIVA! FESTA! in HAKATA』

~ 
一般前売り:2018年12月8日(土)
座席料金:A席 8,800円 特B席 7,800円 B席 6,200円 C席 4,000円

公演チケットを探す

①宝塚公式サイト 宝塚歌劇公式ウェブチケットサービス
②プレイガイド チケットぴあ
iconイープラス
ローソンチケット

宝塚歌劇「チケット」の取り方

宝塚歌劇「チケット」の取り方(基本編)
どうすれば、宝塚歌劇団のチケットを自力で取れるのでしょうか? 方法がいろいろあって、ちょっとややこしいのでまとめてみました。 宝塚歌劇団「チケット」の取り方 宝塚友の会に入会する やはりまずはここから出発ですね。 プレ...