宝塚104期生の芸名と組配属

宝塚歌劇を楽しもう

104期生の素晴らしい初舞台でラインダンスでのお披露目が終わりました。

これから、いよいよ各組に配属されていきます。

組の配属はどうやって決めるのでしょう?
実は自分で希望が出せるわけでは一切ないようです。
全て上からの決定だそうです。

各組それぞれの特徴、持ち味があります。
その持ち味が生かせる場所に配属されていくのですね。

各組の特徴とは

花組

1921年から。
組名そのものの華やかさに、実力を兼ね備えている組です。

月組

1921年から。
常に新しく個性的な魅力を発揮。芝居の上手さが評判の組です。

雪組

1924年から。
日本物に定評がある組です。

星組

1933年から。
ゴージャスで存在感のあるスターを数多く輩出しています。

宙組

1998年から。
現代的でフレッシュ。迫力のあるコーラスとダンスが評判の組です。

若手の成長をゆっくり見守り楽しむのも宝塚の魅力の一つ

104期生たちが、一歩一歩次のステージに登り頑張る姿をずっと見守って、応援していきたい。
入団したばかりのお嬢様たちをゆっくりと見守ってその成長を応援していくのも
宝塚歌劇の楽しみの一つです。

これからたくさんのことを学び少しずつ技術を磨き洗練されていく姿は、本当に楽しみです。

男役10年と言われる宝塚ですから、決して今が完成形ではありません。

本当に芸を磨いていくのは、
役がつき、先輩や演出家から直接教えてもらえる入団してからでしょう。頑張って。

104期生組配属

花組

都姫 ここ(みやひめ ここ)
珀斗 星来(はくと せいら)
天城 れいん(あましろ れいん)
愛蘭 みこ(あいら みこ)
青騎 司(あおき つかさ)
美里 玲菜(みさと れいな)
美羽 愛(みはね あい)
礼哉 りおん(れいや りおん)

月組

真弘 蓮(まひろ れん)
きよら 羽龍(きよら はりゅう)
美海 そら(みうみ そら)
咲彩 いちご(さあや いちご)
一羽 萌瑠(いちはね める)
夏凪 せいあ(なつなぎ せいあ)
月乃 だい亜(つきの だいあ)
椿 ここ(つばき ここ)

雪組

千早 真央(ちはや まお)
蒼波 黎也(あおは れいや)
愛陽 みち(まなひ みち)
絢斗 しおん(あやと しおん)
麻花 すわん(あさはな すわん)
菜乃葉 みと(なのは みと)
風雅 奏(ふうが かなで)
和奏 樹(わかな たつき)

星組

碧音 斗和(あおね とわ)
綾音 美蘭(あやね みらん)
世晴 あさ(せはる あさ)
御剣 海(みつるぎ かい)
麻丘 乃愛(まおか のあ)
凛央捺 はる(りおな はる)
透綺 らいあ(とうき らいあ)
光莉 あん(ひかり あん)

宙組

真白 悠希(ましろ ゆうき)
朝木 陽彩(あさぎ ひいろ)
嵐之 真(あらしの しん)
梓 唯央(あずさ いお)
楓姫 るる(ふうき るる)
舞 こころ(まい こころ)
陽彩 風華(ひいろ ふうか)
愛彩 めあり(まないろ めあり)

「蘭陵王」104期生も頑張ってました
ただいまKAAT神奈川芸術劇場にて公演中の「蘭陵王」。 「美しかったが、悪いか!」 主演が凪七瑠海。演技、歌の安定のかっこよさ。 音くり寿さんは、非常に表現豊かで、歌も響く天使の歌声を持っています。 強い意志を持...
星組公演 『霧深きエルベのほとり』新人公演配役決定に104期生碧音斗和
星組公演 『霧深きエルベのほとり』新人公演の配役が出ました。 配役は以下の通りです。 星組公演 『霧深きエルベのほとり』配役 主な配役 新人公演 カール・シュナイダー 紅 ゆずる 極美 慎 マ...
研究科1年(104期生)のこの半年間どうしてた?
宝塚音楽学校を卒業して9ヶ月。 104期生ちゃんたちはどうしてるかな? 音楽学校入学、卒業、入団そして初舞台まではとても注目される新人たちです。 そしてそのあとは厳しい芸の道へ進みますが、あとは舞台の上でも なかなか照明...
きよら羽龍・2019年阪急阪神初詣ポスターに起用
2019年阪急阪神初詣ポスターに月組・104期生のきよら羽龍が起用されました。 私は104期生の首席の碧音斗和を予想していましたが、外れてしまいました。 この4年間はどうも娘役さんが起用されることが多くなったようですね。...
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ