宝塚歌劇団各組の2番手、3番手は誰?(2018年夏)

宝塚歌劇団各組の2番手、3番手は誰 宝塚歌劇を楽しもう

宝塚歌劇団はトップスターを頂点として、2番手、3番手と序列が明確になっている「スターシステム」です。

しかし劇団が発表するのは「トップ」だけ。

2番手は舞台最後の大階段を降りる時の順番、羽を背負っているかなどで明確にわかりますが、3番手以降は割と公演によっても変わるので曖昧です。
3番手はこの人かな〜という感じで表記しています。

その他に別格(ファンが勝手に呼んでます)と呼ばれる人がいます。
別格とは、役付きがよく、実力も兼ね備えて、重要な位置にいて組をしっかり引っ張っていく役わりを担えるような人で上級生の生徒さん・・・でトップ路線ではない。

月組

トップ・・・・ 珠城りょう(94期)
2番手・・・・美弥るりか(89期)
3番手・・・・月城かなと(95期)?

2番手の美弥るりかさんが若手のトップ珠城りょうさんをしっかり支えているように見える2番手さんです。
しっかり下級生トップを支えていて、いい空気を出しているのが舞台の上でも、いろいろな映像から伝わります。

美弥るりかさんが2番手だからこそ今の月組の良さができているのだと思います。

誰が2番手とか3番手とか関係なく、「組全体の雰囲気をよくしていい作品を届けたい!!!!」的な空気を感じます。

どの組でも3番手は曖昧な感じですが、月組は今回のエリザベートでルキーニ役を演じている雪組から組替えしてきた月城かなとさんですね。

花組

トップ・・・・ 明日海りお(89期)
2番手・・・・柚香光(95期)
3番手・・・・水美舞斗(95期)? 鳳月杏(92期)? 瀬戸かずや(別格? 90期)?

2番手だった芹香斗亜さんが宙組に組み替えになり
2018年「ポーの一族」の配役より2番手は柚香光さんに決定したようですね。
今後全国ツアー主役も決まっているので、確実なトップ候補となったようです。

星組

トップ・・・・ 紅ゆずる(88期)
2番手・・・・礼真琴(95期)
3番手・・・・七海ひろき(89期 別格?)瀬央ゆりや(95期)?

礼真琴さんは、歌唱力、ダンス、演技と実力派の男役さん。
トップの紅ゆずるさんはとにかく人の良さ、優しさ、面白さが全面にあり人間的にとても魅力があります。
実力派の礼真琴さんを紅ゆずるさんは温かい心で大きな器で、優しさで、育てているように見えます。
その温かい空気が組全体に広がっているのを感じて、公演を見に行くととても温かい気持ちになる星組さんです。

雪組

トップ・・・・ 望海風斗(89期)
2番手・・・・彩風咲奈(93期)
3番手・・・・彩凪翔(92期)? 朝美絢(95期)?

彩風咲奈さんと彩凪翔で彩彩コンビできましたが、月組から組み替えした朝美絢さんの出現で3番手が曖昧になってます。

宙組

トップ・・・・ 真風涼帆(92期)
2番手・・・・芹香斗亜(93期)
3番手・・・・愛月ひかる(93期)?

【2018年10月更新】

さて、宙組3番手?と思っていた愛月ひかるの専科への異動という大きなニュースが飛び込んできましたね。

となると桜木みなとが3番手確定かな?