月組新トップ娘役 美園さくらの歌唱力は?

美園さくら 宝塚歌劇を楽しもう

月組トップ娘役 愛希れいかが退団発表し、次期娘役トップは?
なかなか発表が遅れておりましたが、ついの美園さくらさんに決定しました。

ということで、今後注目度が高まる美園さくらさんについて

 

View this post on Instagram

 

はなをさん(@takarazuka_snow)がシェアした投稿

美園さくらの歌唱力の高さの秘密

新トップ娘役美園さくらの一番の魅力は、何と言っても広い音域と歌唱力です。

お母様がなんとオペラのソプラノ歌手という恵まれた家庭環境で、幼い頃からいい音楽を浴びるように聴いて育ちました。

その豊かな音楽表現は、そんな家庭環境の中から生まれたものかもしれませんね。

また、その実力は、公演中の「エリザベート」のエトワールでも多くの観客を魅了していますね。

美園さくら・宝塚音楽学校入学

中学2年生の時、雪組の「エリザベート」の観劇中に直感的に受験を決めたと言います。

美園さくらの心のなかに眠っていた音楽へのスピリットが、一瞬の決断を導いたものかもしれません。

趣味は洋画やドラマの鑑賞。フルート演奏。特技は数学という美園さくらですが、プリンやチョコレートが好きで、可愛いフィギュアを集めるという乙女らしい一面も。

2011年に宝塚音楽学校に入学し、99期卒業式で卒業生総代を務めました。

答辞で「果てしない芸の道を進んでいく」と語り、同期をリードする存在だったといいます。

2013年4月に歌劇団入団、雪組「ベルサイユのばらーフェルゼン編」で初舞台を踏みました。
2015年新人公演「1789-バスティーユの恋人たち-」で、初ヒロインマリー・アントワネット役を演じました。
「1789-バスティーユの恋人たち-」に続き、「FALSTAFF」「カンパニー」「Arkadia」「雨に唄えば」などの作品でもヒロインを務めました。

「雨に唄えば」のヒロインキャシー役では、持ち前の豊かな歌唱力やダンスと共に、トップ娘役にふさわしい舞台度胸を見せました。

月組を牽引するトップ珠城りょう と二番手美弥るりかに囲まれながら、堂々と舞台を務めました

その貫禄から、トップ娘役を囁かれていました。

「観れば観るほど、惹きこまれてしまう不思議な魅力をもつタカラジェンヌ」と言われる美園さくらですが、課題は演技力と言われています。

これからどんな変貌を見せてくれるのでしょうか。

演技力に磨きをかける、伸びしろワクワクの美園さくらのこれから、目が離せません。

新トップコンビ珠城りょう・美園さくらのお披露目公演は、ブロードウェイ・ミュージカル『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』。

美女・アイヴィ・スミス(美園さくら)と海軍水兵のゲイビー(珠城りょう)の24時間の恋物語

心躍るときめきのミュージカル・コメディーで、美園さくらの洗練した演技力への成長への期待が高まります。

美園さくら・プロフィール

生年月日 6月17日
出身地 東京都江戸川区
出身校 大妻高等学校
入団時の成績 首席
入団期 99期
愛称 さくら
身長 164センチ
主な同期 輝生かなで、彩みちる、野々花ひまり
(→99期生一覧

2014年には、阪急阪神の初詣ポスターモデルに選ばれました。

この初詣ポスターモデルに選ばれるとトップ娘役になると言われていますが、
今回も決まりましたね。

阪急阪神初詣ポスターに起用は未来の娘役トップに
阪急阪神初詣ポスターモデルに起用されると娘役はトップになれるのでしょうか? 毎年どなたが選ばれるのかワクワクするのですが、まだ卒業したばかりの研究科1年から選抜されるのでここで起用されると急に注目度が高くなります。 過去に起用さ...

2015年「1789-バスティーユの恋人たち-」新人公演で初ヒロイン。マリー・アントワネット役
2016年「FALSTAFF」(バウホール公演)でジュリエットを演じバウ初ヒロイン
2017年、「Arkadia-アルカディア-」で、2度目のバウヒロイン。
2018年7月  珠城りょうの相手役として月組トップ娘役に就任

来年2019年1月  トップお披露目公演となります
ブロードウェイミュージカル「ON THE TOWN」(オン・ザ・タウン)

美園さくら・今後の出演作品

公演チケットを探す

①宝塚公式サイト 宝塚歌劇公式ウェブチケットサービス
②プレイガイド チケットぴあ
iconイープラス
ローソンチケット

宝塚歌劇「チケット」の取り方

宝塚歌劇「チケット」の取り方(基本編)
どうすれば、宝塚歌劇団のチケットを自力で取れるのでしょうか? 方法がいろいろあって、ちょっとややこしいのでまとめてみました。 宝塚歌劇団「チケット」の取り方 宝塚友の会に入会する やはりまずはここから出発ですね。 プレ...