スポンサーリンク

未来の宝塚歌劇のトップコンビを大胆予想!

未来のトップコンビを大胆予想 宝塚歌劇を楽しもう
スポンサーリンク

現在のトップコンビについて

花組

「トップになって数年経った自分の芸の幅を広げるきっかけになった大事な人」
と相手役・仙名彩世について語る、花組トップスター・明日海りお。

宝塚歌劇団のトップスターとトップ娘役の絆って、なんだか素敵ですよね!

毎公演、そして公演期間中のみならず、お稽古期間中からずーっと恋人同士や夫婦、これから恋に落ちていく関係性をリアルに演じているわけです。

なおかつ歌・ダンス・お芝居を作っていく過程を、良い時も悪い時もすべてセキララに見せ合うことになるでしょう。

そんなトップコンビ、2人の絆は決して生半可なものではやっていけないだろうと思います。

ましてや組の頂点に立つ人として、誰よりも多くの仕事をこなす必要があります。

数少ない「選ばれし者」となった2人にしか分かちあえないものもたくさん育んでいくだろうし、運命共同体と言っても過言ではないだろうなと感じます。

何より、それまでひとりひとりでスター街道を駆け抜けてきた精鋭たちが、相手役を得て新たな魅力を開花させ、さらに輝きを増していかれるお姿は、ファンにとっても必見です。

ストイックに芸を磨き、どこか孤高の雰囲気を漂わせる印象の明日海りおは、蘭乃はな、花乃まりあ、そして仙名彩世という3人の相手役を得たことで、ご自身の経験値とも相まって、本来の“素”の部分が発揮され始めたような気がします。

雪組

望海風斗は、古巣の花組で出会った相手役・真彩希帆と、奇跡の美声コンビを絶大なる信頼関係の元、見事作り上げています。

これぞトップコンビになるべくして出会った運命の相手!という感が強いコンビです。

星組

紅ゆずる・綺咲愛里の漫才・・・いえ、スラリと長い手足に究極の美貌という最強コンビが、関西出身の愉快なコンビだという意外性(笑)これがまた良い。

互いに少し形の違う愛のベクトルが、非常に面白くフィットしています。

宙組

下級生の頃からスター路線で大活躍していたためか、つい最近までは弟キャラ的要素が強かった真風涼帆は、若くてキュートな星風まどかとコンビを組むことで、グッとお兄さん感とトップスター感を増したように思います。

月組

珠城りょうと美園さくらのコンビは、まだ始動したての若手コンビとなりますが、トップとしては大先輩であった愛希れいかとのコンビとは違ったトップコンビになることは間違いありません。

お2人の、お2人による、お2人にしか出せないカラー。

どんな色になるか、とっても楽しみですね!

未来のトップコンビ予想

ここからは、まだ見ぬ未来のトップコンビをゆるく、自由に、予想していこうと思います!

各組の現2番手男役スターの皆さまが、将来トップスターに就任した際、相手役にお迎えしそうな娘役さんをピックアップ!

今までに、新人公演以外の主演作品で相手役経験のある娘役さん(現役生のみ)を列挙しつつ、お話ししていきますね。皆さんも一緒に予想してみましょう♪

花組 柚香光さん(95期生)

相手役経験のある娘役
・華優希さん(はいからさんが通る)(EXCITER!!2018)
・舞空瞳さん(メランコリック・ジゴロ)

私、個人的には、柚香光・華優希コンビが好きです。
『はいからさんが通る』の影響か、華優希を弄る柚香光、それに対して顔を赤らめている華優希、という構図が勝手に浮かび、そこがツボだなと(笑)

また番外編として、トップコンビとしては珍しい構図になりますが、大人っぽい娘役さんに引っ張られ気味の柚香光、というのもいいなぁと思うのです。

そういう意味では、城妃美伶が適任かもしれません。

城妃美伶


出典:©宝塚歌劇団HP

柚香光を3歩下がってたおやかに支えているように見せかけて、実は手のひらで転がしちゃってる!?的なコンビも面白いかも。

月組 美弥るりかさん(89期生)

相手役経験のある娘役
・海乃美月(瑠璃色の刻)(アンナ・カレーニナ)

王道ですが…やはり美弥るりか主演作で2度相手役を務める海乃美月が最有力候補でしょうか。

海乃美月のような、3拍子揃った振れ幅の大きい娘役さんと、正統派で安定感のあるコンビ、というのはとっても理想的で素敵です。

次回公演『アンナ・カレーニナ』でも、愛に溺れ盲目になった2人が破滅の一途を辿る様を、美しく儚く演じ抜き、またしても月組が誇るゴールデンコンビとなるに違いありません!

海乃美月


出典:©宝塚歌劇団HP

ただ美弥さんはセンス抜群なので、まだ海のものとも山のものとも知れない真っ白な若手娘役さんをプロデュースして、一皮向けた大人の娘役に成長させました、みたいなコンビもいいかなぁと、思う今日この頃(笑)

雪組 彩風咲奈さん(93期生)

相手役経験のある娘役
彩みちるさん(キャプテンネモ)

甘いマスクと、このところ止まることを知らずに溢れ出す色気…。
長身の持ち主でもあり、まだまだ様々な魅力が眠っているに違いない、宝庫のような彩風さん。

各々の個性を存分に発揮し、日々切磋琢磨している魅力的な雪娘たちからどなたが選ばれるのか、未知数ですね。

個人的に、“今”の彩風さんと似合いのコンビになりそうだなぁと思うのは、朝月希和か潤花かなと想像しています。

“これから”発掘されてゆく彩風咲奈がどんな彩風咲奈かによっては、星南のぞみ、彩みちる、野々花ひまりも捨てがたい・・・!(笑)

今後の動向に注目ですね!

星組 礼真琴さん(95期生)

相手役経験のある娘役
・城妃美伶(かもめ)
・真彩希帆さん【雪組トップ娘役】(鈴蘭〈ル・ミュゲ〉-思い出の淵から見えるものは-)
・有沙瞳さん(阿弖流為-ATERUI-)

スター揃いの95期生の中でもトップの成績を誇る超実力派であることは周知の事実、特に歌唱力においては音域・ジャンル問わず自身の声を巧みに操る稀有なスター。

よって、過去の相手役さんから想像しても、やはり歌唱力に定評のある娘役さんが候補に挙がりそうです。

現時点における最有力候補は有沙瞳でしょうか。

有沙瞳

出典:©宝塚歌劇団HP

阿弖流為で魅せた、お2人のコンビネーションも素敵でした。

次の全国ツアー『アルジェの男』で礼さんが扮するであろうジュリアン役は、ヒロイン含め3人の女性が絡むことになるので、この3人に選ばれる娘役さんは必見ですね!

宙組 芹香斗亜さん(93期生)

相手役経験のある娘役
・仙名彩世【花組トップ娘役】(フォーエバー・ガーシュイン)
・音くり寿(MY HERO)

芹香斗亜はさわやかさと色気を巧みに操り、何色にも染まれるオーソドックスな男役さんだと思うので、どんな娘役さんとも似合いのコンビになりそうな気がします。

実際新人公演でも、音波みのり、春妃うらら、桜咲彩花、朝月希和と、上級生・下級生・同期問わず様々な娘役さんと組んでこられた芹香斗亜。

次の芹香斗亜主演作『群盗』での相手役最有力候補は天彩峰里でしょう。

天彩峰里


出典:©宝塚歌劇団HP

笑顔が愛らしく、新人公演ヒロインにエトワールと、経験・実力ともに十分な天彩峰里が相手役となれば、芹香・天彩コンビも必見!芹香斗亜はどうやら人生に絶望し、破滅の道へ身を投じるようなので、眉間のシワまで美しい芹香斗亜を拝みつつ、未来の相手役さんに思いを馳せましょう(笑)

いかがでしたでしょうか?宝塚歌劇団には組替えという制度もありますので、1年後にはどうなっているか全くわからない!という奇想天外さがまた面白かったりします。

発表時には、「うそ~!そんな組替え、ありなの~!?」なんて思っていても、いざ新体制で始動し始めると、「なるほど、良いではないか!!」と思うもので(笑)。

夢の舞台・宝塚で、最も大きな夢を背負っているトップコンビ。

未来のトップコンビも、素敵な夢をたくさん見せてくださいそうで、わくわくしますね!

著者:有田だりあ