スポンサーリンク

宝塚歌劇・2018年度観客動員数過去最高の277万人

宝塚歌劇団データ

昨年度(2018年)の宝塚歌劇団の観客動員数が過去最高の277万人を記録したと
宝塚歌劇団理事長小川友次氏により発表されました。

宝塚 18年観客動員が過去最高277万人 小川理事長、大阪万博での協力を約束 - スポニチ Sponichi Annex 芸能
 創立105周年を迎えた宝塚歌劇団の小川友次理事長が15日、兵庫県宝塚市の同劇団で年頭会見を行い、2018年の観客動員が約277万人と過去最高を記録したと発表した。稼働率も宝塚大劇場では102・8%、東京宝塚劇場は101・8%といずれも過去最高だった。

過去のニュースも辿ってみた。

2017年度のニュースから
100周年から3年連続で270万人を突破している上に、
宝塚友の会やCS宝塚専門チャンネル「スカイステージ」の会員数も順調に伸びているという。また、映画館のライブビューイングも強化し、人気の本公演の千秋楽だけでなく、大劇場以外の公演のライブビューイングも一部上演を開始。
スポンサーリンク

力を入れたライブビューイング効果

昨年掲げていた目標のライブビューイングも確かに今年はたくさん上演されましたね。

2018年度の作品を振り返って見てると、

宙組の「West Side Story」や月組「雨に唄えば」 の海外作品

雪組の新トップコンビお披露目公演

「ポーの一族」「天は赤い河の上」の人気漫画を題材にした作品

娘役トップ愛希れいかのバウホール公演

星組の台湾への海外公演

月組娘役トップ愛希れいかの退団公演で
10度目の「エリザベート」

雪組の「ファントム」

などなど、次から次へと話題の多いファンにとっては嬉しい作品が続きました。
人気とともにどの公演もチケットが取りにくい状態であり、まあ、ファンにとっても忙しい1年でしたこと。

今年は2019年105周年の節目(なんかやる?)。
そして2020年は東京オリンピック(なんかやる?)
宝塚大劇場のお隣に現在建設中の宝塚ホテルができあがる(なんかやる?)
そして2025年の大阪万博(なんかやる?)

普段の公演日程だけでも忙しいタカラジェンヌさんたち。
とにかくこれ以上ハードになりすぎないように、体にだけは気をつけて欲しい。

ファンも忙しいけど、次は何が起きるのか、こんなにワクワクし続けられる劇団は他にはない。

何れにしても過去最高の動員数277万人、おめでとうございます。

益々、たくさんの人が宝塚の楽しさを知って幸せになりますように!

と言っても、考えてみると、

箱の大きさは決まっている(どの公演もほぼ満席状態)
タカラジェンヌの人数は決まっている(400名)
できる公演数は決まっている(すでにハードスケジュール)

もうこれがMAXじゃない?って思ってしまうのです。

というところから考えると、今以上に観客動員数を上げるには
ライブビューイングの場所を増やす・・・・
くらいしか、ビジネス脳ゼロの私には考えられないわ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇団データ
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ