二人の距離は縮まった?!松屋銀座「ポーの一族展」明日海りお・柚香光等身大パネル、今日まで。

宝塚歌劇を楽しもう

漫画家萩尾望都先生のデビュー50周年を記念して「ポーの一族展」が松屋銀座で開催されています。

「ポーの一族」と言えば、2018年宝塚で舞台化され花組が公演したことがまだ記憶に新しいですね。

花組にはあまり縁のない私でしたが、「ポーの一族」のポスターを見た瞬間に、観たい!!と思い、友の会で奇跡的にチケットが取れたという思い出深い公演でした。

展示には宝塚歌劇団のコーナーもあるということで、先日時間がありましたので、行ってきました。

会場は、松屋銀座の8階。

日曜日の午後という混雑必死の時間帯の上、なぜか隣では、「カナヘイ展」も開催中で、入場券売り場あたりはかなり混雑していました。(もちろん会場も混雑)

会場に入ると「ポーの一族」の一場面を再現したコーナーが

会場に入ってすぐにあったのは、暗い夜の部屋の窓。

窓の向こうから風が吹き込んでカーテンが揺れています・・・そして、壁に漫画の一場面が写し出されています。

エドガーがアランを誘う場面です。

「きみもおいでよ。ひとりではさびしすぎる・・・」そんな声が聞こえてきそう。

「ポーの一族」の原画がずらり

そして、進みますと、『ポーの一族』の1972年から1976までのエピソードと漫画の原画が展示されています。

皆さん漫画を読んでいらっしゃるので、なかなか列が進みません・・・いろいろな原画がバラバラに並んでいるのではなく、有名なエピソードの場面毎に数ページ続いて展示されているので、読みたくなるのです。

私も時間がたっぷりで人が少なかったら全部読んでいたかもしれません。

仕方なく印象的な絵を選んでは、ゆっくり間近に見ることにしました。

とても繊細な描き方でありながら大胆な構図で、引き込まれました。

宝塚歌劇団コーナー

いよいよ宝塚歌劇団「ポーの一族」のコーナーへ

公演で使われた衣装が展示されており、一部セットが再現されたコーナーにも衣装が展示されていました。

実際に舞台で着用されていた衣装を間近で拝見できる機会はなかなかないので、ぜひ、見に行ってみてくださいね。

衣装は撮影OKでした。

その他、写真パネル、小道具、映像も流れていました。

原画を見た後に映像を見たら、明日海りおさんのエドガーはもちろんそっくりでしたが、柚香光さんのアランもそっくりということに今更ながら気が付きました。

観劇した時は、明日海さんのエドガーのあまりの美しさに目を奪われて他の出演者をよく見ていなかったのでしょうか?とにかく、たまたまその時に流れた映像の柚香光さんのアランが原画の雰囲気そのままだったのです。

先日花組のトップ就任が発表されましたが、柚香光さんの2次元作品の再現性の高さは有名です。

トップお披露目公演でも「はいからさんが通る」に決定していますから、これからも楽しみですね。

出口には、等身大パネルが!

展示が終わって出たところに、明日海エドガーと柚香アランの等身大パネルが置いてあり、これも写真撮影OKでした。一緒に撮影できますよ。

さて、この二人の等身大パネル。
日によって二人の距離が縮まったり離れたり・・・とツイッターでは話題になっていて面白い。最終日の今日は、どうなっているかしら???

ぜひ、今日の最終日。最終的な二人の距離をツイッターにあげてほしいですwwwww。

萩尾望都先生の他の作品のコーナー

萩尾先生の有名な作品「トーマの心臓」やデビュー作など「ポーの一族」以外の作品の原画もたくさん展示されていました。

以前の絵と最近の絵とエドガーの絵で比べてみると、明らかに違ってきており、最近の絵の方が線がスッキリしているのですが、私は以前のちょっとあいまいな雰囲気の絵の方が好みかなと思いました。(あくまでも私の個人的な好みです。)

展示会場の外では・・・

さらに、オリジナルグッズ販売コーナーがあり、様々なグッズが並んでいました。

クッキー缶にパン缶、マスキングテープ・ノート・クリアファイル等々たくさんあります。

また、コラボカフェもあり、アイスフロートやローズティなど6種類のコラボメニューがあるらしいです。

今後も各地で開催される予定

東京会場の松屋銀座での展示は8月6日まで。今日までです。急げ〜!

大阪会場「阪急うめだ本店」で12月4日~12月16日に開催
神奈川会場「川崎市市民ミュージアム」で2020年3月14日~5月17日に開催予定

大阪で開催される頃には、明日海りおさんが退団された後
そして神奈川で開催される頃には柚香光さんがお披露目公演中ということになりますね。

これは希望的観測ですが、
東京会場オープンを記念して仙名彩世さんが登場したように、大阪会場か神奈川会場に退団後の明日海りおさんが開催を記念して登場されるとかそんなことがあったらすてきですね。

デビュー50周年記念萩尾望都「ポーの一族展」公式サイト

デビュー50周年記念 萩尾望都 ポーの一族展
「ポーの一族」を中心に半世紀の軌跡をたどる原画展

銀座松屋map

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ