スポンサーリンク

礼真琴・トップとして宝塚大劇場初日

宝塚歌劇を楽しもう

2020年2月7日は記念の日になるだろう。

95期生の礼真琴が星組トップスターとして初めて宝塚大劇場の大階段を大きな羽を背負って降りた日。

「眩耀の谷~舞い降りた新星~/Ray-星の光線-」の初日でした。

おめでとうございます。

きっと、これから何年になるかわからないけれど、わりと長い期間、宝塚歌劇団を引っ張っていくトップスターになっていくことでしょう。

そして、今日は、その1日目。

スポンサーリンク

礼真琴関連ニュース一覧

宝塚星組新トップ礼真琴 本拠地お披露目 ハイタッチは感染予防でなし(デイリースポーツ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000110-dal-ent

首席入団コンビ礼真琴&舞空瞳 星組お披露目作初日
(写真いっぱい)
https://www.nikkansports.com/entertainment/photonews/photonews_nsInc_202002070000474-4.html

星組新トップコンビ・礼真琴&舞空瞳が本拠地でお披露目!芝居でショーで“ONE TEAM”アピールhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-02070156-sph-ent

サンスポ
https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20200207/tak20020719000001-s.html

とりあえず、今日は私は、チケットはないので、お散歩がてら、公演後の劇場前をウロウロと。

紫色のキャトルレーヴの袋を持ったファンの人達がたくさんいて、バスツアーのファンの人たちもたくさん・・・・寒い中、出待ちのファンの人たちもいて・・・・

いやぁ、今日は本当に寒かった。そんな寒い中、ファンの人たちは、ずっとジェンヌさんが出てくるのを待っている・・・・。

本当にこれほど宝塚ファンを魅了している宝塚の魅力ってやっぱり凄いな〜と改めて感じながら宝塚劇場の空気を吸ってきました。

観劇はできなかったけど、ツイッターのタイムラインには感想がいっぱいで、それだけで幸せ。

とにかく、早く観に行きたい!!!!!それだけだ。

とりあえず、今日は、礼真琴、トップの記念の日ということで、記録させていただきました。