芹香斗亜・宙組の2番手男役として活躍中

注目のタカラジェンヌ

芹香斗亜(せりかとあ)さんは、現在、宝塚歌劇団宙組に所属する男役の2番手スターさんです。

2015年3月からの「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲(タカラヅカファンタジア)」は、花組の2番手男役としての初作品でした。

2017年の10月付で花組から宙組に組み替えされたのは、花組のファンの方達からすればとても残念なことだったでしょう。

花組から宙組へ組み替え

身長が173cmとスラッとされていて、とても美しく華のあるその姿が印象的で、これからの花組が楽しみだと思えたのですが残念でした。

しかし宙組では男っぽさの似合うトップ男役の真風涼帆さんと並んだ姿は、お二人をよく知る星組時代からのファンの方にもとても嬉しいものだと思います。

頼もしい宙組の2番手男役として活躍中

花組で男役の2番手に抜擢された時は、本当に大きなプレッシャーに苛まれたそうです。

やはり大きな羽を背負い大階段を降りる責任ある立場は、たくさんのプレッシャーを乗り越えてきた芹香さんでも大変な想いがあったことでしょう。

その分ファンの皆さんはずっと応援し続けてきたその姿を見て、大きな感動を覚えるのですね。

そして宙組に組み替え後の男役の2番手、プライドを大切にする花組での経験を生かしてくれる、とても頼もしい存在となっています。

芹香斗亜さんの同期(93期生)にはこんな方がいます

雪組の娘役トップだった舞羽美海さん、

現在男役さんでは、雪組2番手の彩風咲奈さん、宙組3番手の愛月ひかるさん、同じく宙組男役蒼羽りくさんがいらっしゃいます。

宝塚音楽学校の1期先輩である真風涼帆さんと、宙組の93期3名の男役さんの組み合わせはとても楽しみですね。

芹香斗亜さんの音楽学校時代

音楽学校時代は早起きして、自宅から通学をしていたという芹香さん。

あんなに難関だと言われる宝塚音楽学校に、2か月の準備期間で中学を卒業すぐの合格とは、やはり天性の光るものをお持ちなのでしょう。

厳しい規則でつらいことも多いと聞きますが、その音楽学校の生活を楽しかったと言える芹香さんは素敵です。

芹香斗亜さんのこれから

2018年10月からは宝塚大劇場で「−本朝妖綺譚−白鷺の城」「異人たちのルネサンス−ダ・ヴィンチが描いた記憶−」が始まります。

芹香さんはロレンツォ・デ・メディチ役を演じ、真風さん、星風さんとの3人の関係に注目という、芸術の秋にぴったりの作品が楽しみです。

2018年・宙組20周年を記念する年

2018年は宝塚で一番「若手」の宙組にとって、20周年を記念する年、とってもおめでたいです!

宙組のトップとして姿月あさとさんと花總まりさんがお披露目されてから、もうそんなに時間が経ったなんて早いものです。

音楽学校の良き先輩でもある、真風涼帆さんの背中を追って、将来は一番大きな羽を背負われる芹香斗亜さんを、ファンの方共々心待ちにしたいと思います。

そんな芹香斗亜さんも自宅に帰れば、トイプードルのキャンディちゃんに癒される、心優しい女性なんです。

ご家族やキャンディちゃんを大切に、記念の2018年を素晴らしい年にしていただきたいと思います。

芹香斗亜さんのプロフィール

入団 2007年3月星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台

出身地 兵庫県神戸市

身長 173cm

血液型 B型

愛称 キキ

東京宙組公演『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』『異人たちのルネサンス』

【公演期間】2018年11月23日(金)~ 12月24日(月)

座席料金 SS席 S席 A席 B席
12,000円 8,800円 5,500円 3,500円

新人公演 SS席 5,200円、S席 4,100円、A席 3,000円、B席 2,000円

公演チケットを探す

①宝塚公式サイト 宝塚歌劇公式ウェブチケットサービス
②プレイガイド チケットぴあ
iconイープラス
ローソンチケット

宝塚歌劇「チケット」の取り方

宝塚歌劇「チケット」の取り方(基本編)
どうすれば、宝塚歌劇団のチケットを自力で取れるのでしょうか? 方法がいろいろあって、ちょっとややこしいのでまとめてみました。 宝塚歌劇団「チケット」の取り方 宝塚友の会に入会する やはりまずはここから出発ですね。 プレ...