スポンサーリンク

トップになったらやっぱり卒業しないといけないの?

宝塚歌劇を楽しもう

宝塚歌劇団の中のトップ。

5組の中にそれぞれ一人トップスターが存在する。

そして、トップになった瞬間から退団へのカウントダウンが始まる・・・と言われています。

トップにならなければ、本人が「退団」を希望しない限り、ずっと在団することができるのに。

宝塚が大好きで大好きで、宝塚を目指し、ジェンヌになったあとも上を目指した先に掴んだ「トップの座」。

トップになった後も宝塚が大好きで大好きでたまらない。

退団発表のときに、その「宝塚の愛」が溢れて仕方なかった二人。

それが、2019年に退団するトップスター二人。

花組トップの明日海りおと星組トップの紅ゆずる

スポンサーリンク

涙涙の退団発表の二人

二人とも共通して退団発表は、溢れる涙を止めることができなかった。

宝塚が好きで好きで、好きで好きで・・・こんなに長い期間宝塚にいたのに、まだ好きで・・・トップになってもまだ好きで・・・という気持ちが溢れて、涙の会見でしたね。二人とも。

そしていよいよ、二人とも、最後の作品に取り組んでいる今。

あの退団発表よりさらに、「いよいよ最後なんだ」という気持ちが私たちファンも感じざるを得なくなっている。

そう、いよいよ、この現実を受け入れなければいけない時期に近づいている。

それでも、どうしてもこんな気持ちが沸き起こる。

「トップになったら、絶対退団しなくちゃいけないの?」

そんな往生際の悪いことをいつまでも考えてしまうのです。

明日海りお。かっこよくて、可愛くて、美しい人気の高いトップさん。
紅ゆずる。かっこよくて、人間味溢れて、面白いトップさん。

二人が同じ時期に退団してしまうことが、本当に寂しいし、そしてあまりに勿体無い。

こんなに宝塚の世界を愛した二人。そして宝塚からも愛された二人。

宝塚の世界では、男役の美学が完成の時に宝塚を去る、最高のパターンと言われています。
「こんなステキな男役姿、もう一度見たい!」のファンの声を抑えて退団する。

これこそがトップスター伝統の引き際と言われているのだ。

それも、頭の中ではわかっている。

でもそれでもどうか、どうか、退団後の次の未来に、劇団の残る方向で、いてほしい・・・と願うばかり。

往生際が悪いファンですみません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ポチッとして頂けたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
宝塚歌劇を楽しもう
スポンサーリンク
友の会先行販売スケジュールをLINEでお知らせ

チケットの先行販売の抽選日、販売日って忘れてしまうことってありませんか?

前の日まで覚えていたのに!
ちゃんと手帳に記入しておいたのに!

そんな方のために。

宝塚友の会のチケット会員先行販売「TAKARAZUKA REVER」のスケジュールより、申し込み日初日のお申し込み時刻30分前にLINEでお知らせをいたします。
(完全無料)

宝塚歌劇ノート・宝塚ブログ