スポンサーリンク

(画像)2次元の再現性が完璧なタカラジェンヌ達

宝塚歌劇を楽しもう

神尾葉子原作の大人気漫画「花より男子!」がついに宝塚歌劇団で公演されることが決まりましたね。

「花より男子」の他にも宝塚では人気漫画をミュージカル化した作品がたくさんあります。

代表的なものでは
「ベルサイユのばら」池田理代子作 が一番有名ですね。

1974年の初演から再演が繰り返された作品で宝塚歌劇団史上最大のヒット作と言われています。
なんだかそろそろ再演があるのではないかと、ヅカファンの中では囁かれています。

その他
『るろうに剣心』
『ルパン三世』
『メイちゃんの執事』
『ブラックジャック』などなどたくさんあります。

最近では、ありえない頭身のジェンヌさんもたくさんいたり、研究を重ねてお化粧の技術も高くなってきているのでしょう。

アニメをそのまま3次元で完璧に再現できる劇団は宝塚しかありません。

2次元の再現性が非常に高く、ジェンヌさんの美しさにびっくりします。

スポンサーリンク

花組公演「ポーの一族」

2018年花組の公演です。
萩尾望都さん原作の伝説的少女漫画『ポーの一族』

花組トップ明日海りおの「ポーの一族」のポスター画像を見た時は、驚愕しましたね。

永遠に歳をとらずに生きていくエドガーのビジュアルです。

この作品の演出家である小池修一郎氏は、このポーの一族をミュージカル化したくて宝塚に入ったと言うほど、この作品の思い入れは強く、明日海りおにより、エドガーを見事に再現することができたのです。

 

View this post on Instagram

 

lemonさん(@lemon_tera)がシェアした投稿

雪組公演「ルパン三世〜王妃の首飾りを追え」

2015年雪組公演の作品です。

普通なら、宝塚でルパン三世という組み合わせ「???」となるはず。

しかし主演である当時のトップ「早霧せいな」によって見事に違和感を感じさせることなく面白く楽しい作品となりました。

ルパン・・・早霧せいな
銭形警部・・・夢乃 聖夏
石川五エ門・・・彩凪 翔
次元大介・・・・彩風 咲奈

早霧せいなのジャケットから伸びる細い足、銭形平次の細いガニ股。
見事に再現。五エ門は五エ門だし、次元は次元。

テーマ曲もアニメそのままで全く違和感なく納得。シリーズ化して欲しかったくらいです。こんな楽しい作品がシリーズ化されると宝塚ファンの層が広がりますよね。

 

View this post on Instagram

 

lemonさん(@lemon_tera)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

lemonさん(@lemon_tera)がシェアした投稿

さて、先日の発表で
神尾葉子原作の大人気漫画「花より男子!」が宝塚歌劇団花組による公演が決定したというニュースが入ってきました。

主演は、現在花組2番手の柚香光です。

柚香光も2017年、人気漫画「はいからさんが通る」の公演を行いました。

その時のビジュアルがこちら

 

View this post on Instagram

 

lemonさん(@lemon_tera)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

lemonさん(@lemon_tera)がシェアした投稿

はい。美しいビジュアルと原作の再現は予想通り!いや、予想以上です。
もう、2次元か3次元か判断がつかないほどのビジュアルです。
伊集院少尉が飛び出してきたそのまま。

そりゃ、「花より男子」の道明寺司役、決定ですよね。
楽しみしかありません。期待しています。

それにしても宝塚への興味は尽きません。