ライター:有田だりあ

宝塚歌劇を楽しもう

望海風斗さんはスーパーエリート営業マン!?

宝塚歌劇団雪組トップスター、望海風斗。またの名をキャトルレーヴ宣伝部長のスーパー営業マン。 世間がコロナウイルスの渦に巻き込まれ、宝塚歌劇団の舞台も中止となり、一体どうなることだろう、しかしまさか、退団を控えた歌劇団随一の功労者であ...
宝塚歌劇を楽しもう

「FLYING SAPA」の世界を考察してみた

宝塚歌劇団宙組公演の「FLYING SAPA」。 どことなくアンニュイでモノトーンな雰囲気、ミステリアスでもあるけれど、群を抜いてカッコいい。 そんな不思議な世界観は、SFへの関心が決して高くない筆者の心をどういうわけか強く惹...
宝塚歌劇を楽しもう

清く正しく美しく、堂々とヅカファンで居たい!

あるファッション誌をパラパラとめくっていたら、タカラヅカ、またタカラヅカ、またまたタカラヅカ! と、計12ページがタカラヅカに関することで埋め尽くされており、感動せずにはいられませんでした(笑) 筆者がタカラヅカにはまった十数...
宝塚歌劇を楽しもう

星組DNAが流れる宙組「アクアヴィーテ!!」

宝塚歌劇団宙組公演『El Japón(エル ハポン) -イスパニアのサムライ-』「アクアヴィーテ!!―DNAが織りなす生命の水―」が、現在宝塚大劇場で公演中です。 今回は、ショー「アクアヴィーテ!!―DNAが織りなす生命の水―」につ...
宝塚歌劇を楽しもう

若さ溢れる宙組バウ『リッツ·ホテル・・』キャスト別感想

宝塚歌劇団宙組のバウホール公演『リッツ·ホテルくらいに大きなダイヤモンド』が9月16日に千秋楽を迎えた。 『リッツ·ホテルくらいに大きなダイヤモンド』…って、どんなタイトルやねん!と、初めて聞いたときはお恥ずかしながらそう思ってしま...
宝塚歌劇を楽しもう

月組100期生以降が活躍!注目の4名!

8月19日、すでに無事幕を下ろした宝塚歌劇団の「チェゲバラ 」から 月組スター·月城かなと(95期)の怪我による休演、という残念なニュースで幕を開けた、月組公演『チェ·ゲバラ』。 専科所属のトップ·オブ·トップ、轟悠を迎えての...
宝塚歌劇を楽しもう

職人ジェンヌが勢揃い!宝塚歌劇団92期生

先月東京宝塚劇場にて宙組公演、宝塚大劇場にて雪組公演を立て続けに観劇しました。 そして、とある学年の、個性豊かでバライティーに富んだ役者ぶりを改めて痛感した筆者。 その、『とある学年』とはズバリ、 92期生! 私個...
注目のタカラジェンヌ

美弥るりかさん、忘れられないラストデイ

ヅカファンという身でこのようなことを申し上げると、謀反の罪で首を取られても文句は言えまいと覚悟の上で、あえて申し上げます(笑)。 実を言うと2019年6月9日、その日を迎えるまで筆者は、白い服で大集結し、列をなしているなんて、なんだ...
注目のタカラジェンヌ

星組・瀬央ゆりあの大躍進は止まらない!

宝塚歌劇団。時代は95期、いや、瀬央ゆりあだ。間違いない。 昨年夏から秋にかけ、『New Wave!—星—』メインキャスト、『デビュタント』と、バウホール主演作が続いた彼女。 この時点でも、稀に見る活躍ぶりだと驚いた。 ...
初心者のための宝塚

宝塚歌劇×2次元舞台化で最高のコラボ

子どもの頃、漫画やアニメを禁止されて育った筆者、宝塚歌劇においても近年流行りの“漫画の舞台化”や“アニメの舞台化”が決定しても、正直いまいちピンときません(笑) そんな私が、人生でたった一度だけ、自分の手で漫画を手に取り、購入に至っ...
注目のタカラジェンヌ

美弥るりかさん写真集『Rurifull』を語る

絵画かな?奥が深すぎて、中身はまったく同じなのに、見返すたびに違う感情や解釈が浮かんでは消え、浮かんでは消え。 なんだろう、この不思議な写真集は…! 4月15日。月組大劇場公演千秋楽をもって、本拠地・宝塚大劇場をご卒業...
宝塚歌劇を楽しもう

美弥るりかさんの宝塚ラストのお茶会へ

美弥るりかさんのお茶会に行ってきました! 大宴会場と称される広い会場に、おびただしい数の椅子が敷き詰められても事足りず、この会場に訪れることのできなかった方が大勢いらっしゃったのかと思うと、つくづくこの男役スターさんの凄さを感じます...
宝塚歌劇を楽しもう

ウェディングシーンにぴったりのヅカソング

東京宝塚劇場前では、3月24日の朝、宝塚歌劇団男役ラストデイを迎えた七海ひろきさんが、新郎スタイルで千秋楽の舞台へと向かい、真っ白な衣に身を包んだ大勢のファンはみな、彼とバージンロードを歩く新婦となりました。 なんてオシャレで夢のあ...
宝塚歌劇を楽しもう

美人の期・89期、華麗なるタカラジェンヌ人生。

3月に七海ひろき、6月に美弥るりか、7月に純矢ちとせ、そして11月にはとうとう花組トップスターを5年務めた明日海りおが退団する。2019年、怒涛の退団ラッシュとなる89期生。 21世紀が幕を開けた2001年の春、宝塚音楽学校に入学し...
注目のタカラジェンヌ

舞空瞳・着実に経験を積み娘役スターへ

先日、4月29日付で星組への組替えが発表された、花組の102期生娘役スター、舞空瞳。 とってもキュートな小顔に、長身のスタイルも抜群。 102期首席入団というのも納得の実力派で、この春から研究科4年目です。 →102期一...
宝塚歌劇を楽しもう

月組公演レビュー「クルンテープ 天使の都」クルンテープって??

いよいよ3月15日より宝塚大劇場から始まる月組公演「夢現無双」。 今回は、その中のレビュー作品「クルンテープ 天使の都」についての予習です! お恥ずかしながら、世界地理や世界史が苦手で、あまりきちんと勉強してこなかった筆者。 ...
観劇レポ

鳳月杏のコンデュルメル夫人。これぞトータルビューティー。

2019年2月8日、宝塚大劇場にて開幕した花組公演『CASANOVA』。 華やかな衣装と、イケメン揃いの男役さんたちに美女揃いの娘役さんたち。 このマリアージュがなんとも絶品! ヘアスタイルもそれぞれのこだわりが詰まった...
初心者のための宝塚

宝塚ファンの1年は出会いと別れで大忙し

2019年始まったばかりだというのに、1月29日、月組2番手男役・美弥るりかさんの退団発表があったかと思えば、 2月4日には星組3番手男役・七海ひろきさんが本拠地宝塚大劇場の大階段を緑の袴で降り、残すところ東京公演のみとなりました。...
宝塚歌劇を楽しもう

初恋ジェンヌ〜美弥るりかさんに捧ぐラブレター〜

皆さんの“初恋ジェンヌ”は誰ですか? 宝塚歌劇団には、男役さん娘役さん問わず素敵なスターさんがたくさんいますし、素敵なお芝居やショーを作ってくださる座付演出家の先生がたくさんいますから、私は5組全て、可能な限り観劇しています。 ...
宝塚歌劇を楽しもう

明日海りおの女たち〜男(役)を変えるのは女(役)?〜

明日海りお。 2003年初舞台の89期生。現在宝塚歌劇団花組のトップスターです。 フェミニンな美しさからは想像もつかないほど、男役への思いは熱く強く、そのハートは男の中の男だと言っても過言ではありません。 スター性は若手時代か...
宝塚歌劇を楽しもう

運命の別れ道!?3番手男役の未来

宝塚歌劇団の各組の「3番手」というのは、トップスターや2番手スターほど確立された称号ではないようです。 オブラートに包まれた3番手たち トップスターはご存知の通り、常に必ず各組に1名存在する、確固たる地位です。 就任が決...
宝塚歌劇を楽しもう

印象的な5作品とともに2018年の宝塚歌劇団を振り返る

2019年がスタートしましたね。 昨年は心ゆくまで宝塚歌劇を堪能することができましたでしょうか!? 筆者(著者:有田だりあ)はヅカファンになって約10年。 ほぼすべての大劇場公演を制覇していると言っても過言ではありません。 にもかかわら...
宝塚歌劇を楽しもう

失神覚悟!?芹香斗亜主演『群盗』を予習しよう!

もう『キキちゃん』なんて、馴れ馴れしく呼べません。 黒を基調に赤い薔薇を携えて こちらを見やるその目は一体幾人のヅカファンの心を欲しいままにしたでしょう。 View this post on Instagram ...
宝塚歌劇を楽しもう

未来の宝塚歌劇のトップコンビを大胆予想!

現在のトップコンビについて 花組 「トップになって数年経った自分の芸の幅を広げるきっかけになった大事な人」と相手役・仙名彩世について語る、花組トップスター・明日海りお。 宝塚歌劇団のトップスターとトップ娘役の絆って、なん...
宝塚歌劇を楽しもう

娘役さんを4つのパターンにカテゴライズしてみた!

前回は男役さんを勝手に4パターンにカテゴライズし、その中の「リアルメンズ系男役さん」をピックアップしてお届けしました。 今回も勝手に、娘役さんを4パターンにカテゴライズ! そして、5組のトップ娘役さんをそれぞれのカテゴリーに振り分けてみ...
宝塚歌劇を楽しもう

各組からリアルメンズな男役さんを厳選してみた

宝塚歌劇の男役さんを4つにカテゴライズ。どのタイプが好き? 細かくいこうと思うと、ツンデレ系、弟系、彼氏系、お父さん系、お兄ちゃん系、モデル系・・・・・などなど、もう限りなくカテゴライズできる宝塚歌劇団の個性豊な男役さんですけど(笑...